2016年05月01日

ちはやふる –下の句–

ちはやふる −下の句− 観ましたよ。

4月29日公開の時に見たかったのですがブログで既に
書きましたようにGWということもあり沢山の方々が
映画館に足を運ぶというとっても嬉しい事がございましたので
僕の方は遠慮して帰宅したんです。

観たくなかった訳ではなく楽しみを先に伸ばしたと
そういう風に考えるのがいいかと思います。
物事はなんでもプラスに考えればいい事が起こると
そう考えてますから。

さてwリベンジですっwww

言い方が悪いですね。再挑戦です。
本日は自宅を9時15分頃出ました。車で少し映画館まで
時間がかかりますからね。

駐車場に着くと映画館の階は既に満車。
あwまたしても出遅れたかと(笑)
映画館につき並びます。

だいぶ混んではおりますが流れて行くので
ひと安心。両隣に人がいる席は嫌いなので
片方空いている席がありましたからそこに決め
待ち時間でフラフラと。。。。

image.jpeg

家族連れと中学生らしき子供達が多いように
感じました。特にお友達と連れ立って映画を見ようと
3人組の子達が多かった。

待ち時間には持っていった本を読みながら
期待を胸にドキドキしながら待つのです。
さあどんな風に締めるのだろうと物語の最後を
自分ならどうするか?なんてね。

僕の席はE–1スクリーン左端中段といったところで
問題なく鑑賞できました。右側には中学生らしき女の子
邪魔にならぬよう人のいない方に身体を傾けます。

映画が始まって4〜5分でしょうか。。。オッサン
もう。ウルウルしてきましたwww
アカンw涙脆すぎる。。。。

シーンは主人公の千早が新の家に行きもう一度
三人でカルタやろうよ!と語りかけるあたり。

新はおじいさんっ子であり百人一首の師匠である
おじいさんの死を未だ受け入れる事ができず
カルタそのものから離れようとしているものだから

素っ気ない態度を心ならずもしてしまう。

そんなこととはつゆ知らず千早は持ち前の光り輝く
明るさで手を差し伸べようとするのだが。。。

この映画の見所は前作 ちはやふる–上の句− と同様
空気を切り裂くようなカルタの勝負のシーン。
後は千早のスイッチが入るときの表情と耳に髪の毛を
かける場面かな。

全体の見所というか趣旨は青春時代の眩しく光り輝く
時を仲間と共に同じ目線で共感しあい目標に向かい
遅れるものには手を差し伸べそれを握り返す。
ひとりなんかじゃないんだよ。
独りでは限界がある。みんなの力があれば
倒れそうな時でもまだいける。

image.jpeg

頑張れるあなたがいるから
君がいるから

私は前を向き立ち上がり強いものにでも
臆せず挑む事ができるんだ


というところだね。僕の高校時代は
暗黒のようなもんでただ大学に行くための期間。
そんな感じだったから。何かに打ち込むとか
友人と共に同じ物を見つめ目標に向かい汗をながすとかは
無縁だったからさ。

羨ましいんだよ。だから感情が爆発し他の観覧車さん達が
泣かないところで泣いている。悔しいのか情けないのかは
微妙なところなんだけれどもね。

是非暇しておられるのならば観て頂きたい。

映画のエンドロールにも少し仕掛けがあるのでね。
ここでは書かない。いや書けないけれどもね

楽しい愉しかった。

映画って本当にいいもんですね。

千早は広瀬すずさんじゃなきゃいかん。

キャリアもそんなに長くないのに天才的な
人を惹きつける魅力がある。
声。ちょっとしたしぐさ。天真爛漫さを
表情で表現し観るものに

image.jpeg

千早であると主張する。

その他の脇を固める役者さんたち皆素敵なんですが
1人あげるとするならばやはり

image.jpeg

机くん役の森永悠希くんかな。甲高い声に特徴があり
何だろう僕は好きなんだよね上手くは言えないが好き。
繊細さと優しさを内包する駒野勉くん(机くん=ガリ勉)を
上手く演じられたと思う。

自身も百人一首に興味があり
ブログでちはやふるを知る前に書いていたと聞き及び
ますから。当たり役であったのかもしれません。

ちょと贔屓してるかな。机くん僕の大好きな
キャラクターですから。でもそこをさしい引いても
彼のことは今後注目してみて行きたいと思う。

やはりそういう風に観客に思わせるというのは
才能だと思うなぁ。

長くなりましたが高校野球のみが美しく青春時代の
象徴みたいに捉えられ報道されるのは納得できない。

高校には様々な部活やクラブ活動がありそれぞれ
懸命に青春時代を過ごしてる子達がいるわけで
もっともっと光を当ててあげればいいんじゃないかと思う。

今青春時代を過ごしてる方よ。
何かに本気になること。かっこ悪くないよ

カッコいいってのは無様に負けようと前を向き
立ち向かう人たちを言うのだから。

image.jpeg

みるくこーひー

posted by みるくこーひー at 15:57| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

便利だなぁと思う心の底から。。。。だが、

インターネットは本当に便利ですよね。
僕はこういったものに触れたのは20代半ばかなぁ。
PC自体は高校時代かな購入してもらった
sharpeの PC X−1 turboZだったかな。
ゲーム専用機になってた気もするがw

情報を瞬時に見ることがどこででもできるというのは
新聞やテレビなどの情報媒体にとっては無視できない
状況になりましたものね。

最近では新聞の朝刊をとってないお宅が多いと聞き及びますしね。
実際我が家でも今年に入り契約を解除しました。
僕的には新聞がないと物足りないのですけれど。。。。

話を戻しますとインターネット接続をipadでして英会話を
習っているのですがなかなか酷い状況でして。

Can you hear me?
Can you see me?

😓先生の方は僕が見えない聞こえないw
僕の方は見れてるんですがね

いつもこんな風になってしまっていたものですから
先生に申し訳なくてね。

アプリが僕が契約した際はiphone系しかなくて
ipadにて授業を受けていたというわけです。
接続状況はスマホとipad2つで5ギガという最低レベルの
容量で対応しようとしていたから酷くなるのも当たり前ですね。

昨日ようやく接続できましたWi-Fiにね。
ドコモの光サポートサービスだったでしょうか
契約しましてサポートをして頂いたんですが
流石ドコモさんやあっという間に接続完了
対応も神でした。

やっぱりdocomo以外考えられん。

僕は他の携帯電話会社と契約しようとは
思わないからなぁ。
20年近く契約してるしね。

早速インターネットしてみると
うぉおおおおおおおおおお

なんじゃこりゃぁwwwww

異次元の速さだわw
無論PCでは体感してるんだけれども
ipadやスマホでは動画配信サイトの動画でさえ

カクカクカクカクwwwしとったから
image.jpg
嬉しくてね。
ブログも毎日工房で書けるしイチイチPC
起動しなくとも良いから移動時間も少ないし
このように素早く長文書けるし

いい事ばかり。。。。。


便利だなぁ。そう思う心の底から












だが、こんなに楽しく面白いものが自宅に常時あるとしたら
今時の子達は外に遊びにいこうと思うんだろうか



そこがちょっと心配なんだよね。



僕が心配するようなことではないのかもしれないが
一抹の不安がある。もっとこれが進むなら
人間が変わりすぎてしまうのではないかと



みるくこーひー



posted by みるくこーひー at 07:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。