2016年05月11日

善意の押し付け

善意の押し付けほど心痛めるものはない。

一番厄介なものだから。

更には当人が自身は間違っていないと固く信じ
攻撃性を持つからだ。

善意と言う黄門様でいう紋所の様に
皆がひれ伏すことを想像し行動しているのだと思う。

IMG_0824.JPG

自身の意見に自信があるのは結構だが
勉強不足は問題だ。
ここでいう勉強とは専門的な知識及び
自身の感情のコントロールの方法を学ぶことである。

簡単に例をあげて説明していこう。

父親そして母親になるのはいつですか?

お子様を天より授かった瞬間もしくはお仕事で図らずも
対面できない場合初めて我が子に会えた瞬間でしょうか?

IMG_0825.JPG

僕は勿論この時だと思うのですが父親そして母親は
赤ん坊と同じであると考えます。生まれたばかりの赤ん坊と
同じく勉強してゆかねばならぬ。

生まれた赤ん坊は時を経るにつれいろんな事を
勉強してゆきます。自分だけではなく幼稚園、そして
小学校と教育を受け勉強するきちっとした教育機関でね。

振り返って両親の方はどうなんでしょうね。
経験したから勉強しなくていいと思ってるのでしょうか?
日々の経験確かに重要ですよ。ですがキチンと
勉強するべきなんです

経験できないものは知識を得るために書物を探し
努力するなり専門家の方がおられるわけですから
拝聴しに行くとかね。

面白いのはどこの国だったでしょうか。
失念してしまいましたがとある国では幼稚園のことを
お父さんお母さんの勉強の場という意味の単語で
表すそうです。

つまり両親は勉強しなくてはならないという事を
如実に言葉にしているというわけなんですよね。

思い込みでもう父親母親として完璧であるといったように
努力もせず頭ごなしにお子様に対し行動する。

IMG_0826.JPG

これも押し付けです。

よく勉強をしなさい‼️と高圧的に言い放つ方が
いらっしゃるようですが果たしてご自分はよく勉強をして
いらっしゃったのでしょうか?甚だ疑問です。

自身ができなかった事をお子様にさせる。
何故ですか?もし勉強しましょうと提案するのならば
自身も勉強すべきなんですよ。

だってしてこなかったんでしょう?
学生時代同じ様に勉強しろと言われ育ったんでしょうから。

例えば勉強をする隣で何か本を読むとかね。
こう言う事ができて初めていう事が可能になるんですよ。

東大にトップレベルの成績で入学なさったお子様の
ご両親は勉強しろなどといった事は一度もありませんと
お答えになるそうです。

理由は多分自身も言われた事がないから。
お子さんを尊重し信頼を持って接する事が通常なんだと予測します。
そして勉強する日々ね。ご両親はその姿を通常時に
それとなく意識する事もなくお子様に見せている。

子供だって自我を持ちキチンと親御さんを分析してる。
知らないのは親の方。みられてるんですよ

IMG_0827.JPG

あぁうちの親はなーんにも勉強しないなと。。。。

仕事をしてるから?そんなものは誰でもしている。
言い訳をするのはやましい気持ちがあるからなんです。
言い訳。。。やめにしませんか?

今まで説明してきましたこの様な事例からも
わかりますように相手の為を思ってとかいう自己防衛的な考えは
よくない事がわかるのではないかと思います。

善意の押し付け

困ったもんです。正当性を主張したいんだろうなぁ
私は間違っていない‼️そう仰りたいのでしょう。
感情の起伏をコントロールする事ができす

自身の理論も浅はかなのに何がそこまで自身を
熱くさせるのかといえばエゴしかない。

鏡を見ればどんな表情でそのエゴを通そうとしているか
理解できるのではないかな。。。

僕は押し付けられて育ってきた。キチンと理解している。
そしてね。それが愛情からくるものとも知っている
だが好きではない。そういう押し付けというものが
大嫌いなんですよ。

何故なら理解に苦しむから。

相手側の気持ちに立つという事をせず
信頼という健やかに育つ行動を起こさず
我が身のエゴでお子さんに接するから。


こう言う事。それが善意の押し付けをする人たちの根底に巣食う
闇の様なもの。自身がされて嫌だと思った事をエゴで誤魔化し
再び周囲に撒き散らす。

よくよく感じてくださいな
よくよく思い起こしてみなさいな

IMG_0828.JPG

嫌だったこと。。。繰り返し続けるおつもりですか

image.jpeg


やはり勉強は死ぬまでしなくてはならないと思う。
人間は学びを怠った瞬間から動物化してゆくのだから。

みんな揃って成長してみんなで笑いあい
子供を認め育み信頼し自らもみんなの成長を楽しむ

IMG_0829.JPG

子供はそんな両親を見て育つなら新しいことに挑戦し
仮に失敗したとしても僕の私の両親は
理解してくれるに違いない

両親の期待に応えたいな 壁|ω・*)コソッ…
次もまた頑張るぞ(๑•̀ㅁ•́ฅ✧信頼には信頼で
返そうと考えるんだとそう思います

みるくこーひー










posted by みるくこーひー at 03:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。