2016年06月25日

悲しみが 雨 のように

浜田省吾さんの曲は
悲しみは 雪のように ですが
あえて

悲しみが 雨 のように

というタイトルにしました。

なんだかその方がブログのタイトル
としてはしっくりくるそう思ったから。

80年代ドラマの最終回特集というような
投稿動画がありその中に様々な昔放送された
人気ドラマそう珠玉のドラマ達の
最終回がまとめられていました。

興味を持ち 一通り観た後で
愛という名のもとに というドラマに
特に感情が突き動かされたんですよね

観てみたいもっと長く‼️

僕はリアルタイムでこのドラマを
見た事がなかったから 強くそういう気持ちに
なったのかもしれません

あの頃は素敵なドラマが数多くあり
その情報もたくさん入ってきましたから
大体のストーリーはわかるのですが。

ヨウツベにて投稿動画を
見つけたので早朝より見始めました

ダイジェスト版のような
15分くらいの動画なのですが
とても良かったので

第1話より最終回までwww

第1話
image.jpeg

最終回
image.jpeg

ガラスの作業をしながらです。
ステンドグラスで教会を製作しています。
僕もやらなければいけない事はやるんですよ
優先順位は心得ているつもりです

image.jpeg

ですが一つの事ではなく出来れば二つ以上の事を
同時進行させる事が好きなものですから
時間有限ですしね。

話を元に戻します。
大学時代の仲良し7人組が社会に出て変わってゆく
無論変わらなければいけない部分がある。

どれだけ歩いたら人として
認めてもらえるのだろう
いくつの海を越えたら白い鳩は
砂地で安らげるのか
友よその答えは風に吹かれている

image.jpeg

ドラマの中で語られるこの言葉
何を暗示するのでしょうか?

社会という大海原に漕ぎ出でてみて
感ずるのは学生時代とはまるで違う。
それでも選んだ場所で足掻きそして苦しみ
それでも生きてゆかねばならない

7人の友人達は一人で立ち向かう

だが脆い、転覆・崩壊・座礁する危険に満ち満ちている
学生時代の事が思い起こされあの時は。。。
良かったなあの頃へ帰れたなら
どんなにか楽しいだろう

賽は投げられた。立ち止まるわけにはいかない。
歩き始めたなら未来へと歩んでいかねばならない
そんな状況の中友人達は個々に経験してゆく
現実という自分自身の課題の中の
悲しみ溢れとまらなくなるほどの
出来事に直面してゆく

脚本が野島伸司さんなんですが
非常に僕が好きな物語に仕上がっており
素敵だなと心からそう思う。

そう思うだけなら良いのですが
僕は非常に感情移入してしまう
ドラマの登場人物達にね

余りにも悲しいので涙溢れ
ポタポタと滴になりまるで 雨のように
そう 雨のように
恥ずかしいとは思わないんです僕は

泣きたい時には泣けば良いさ
だが涙拭いて歩き始めたなら
振り返らずに行けば良い

感情を押し留めるのは現実のみで良い
だから皆ドラマや映画などで
自身の分身となり得るキャラクター
を探しまた理想のキャラクターに
魅了されるのだ。

僕は江口洋介さん演じる
神野時男 という登場人物に感情移入してました
まったく一緒ってわけではないんだけれど
自由という括りなら一緒かなってね

好きな女性を経済的に守れない
社会的にも認められるという存在ではない
自由に生きるそんなとこがさ。。。

でも明るい。人間的魅力だけはある。
誰からもね無視されるわけではなく
力強く生きている

物語の最後でいつもみんなの中心で
強く皆の扇の要だと思われていた
藤木貴子(鈴木保奈美さん)が
堪えきれずに吐露する

私は強くなんかない

7人の仲間達は一人で歩いてきた
つもりであったが実は学生時代と
変わらず側にいてくれる
それは個々の心の中に存在する
目を閉じればいつでも会える


自由に生きる僕は雨が上がって
乾いた道をまた歩んで行きたいと
そう思う。


愛という名のもとに 良いドラマでした。



みるくこーひー
















posted by みるくこーひー at 15:41| Comment(0) | ドラマ(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

耳コピと文字コピ 文字を読む事の重要さと音楽について

よく耳でコピーする事を耳コピなんて言うけれど
あれはきちんと文字で覚えてるわけじゃない。
見てもいないから本当の歌詞の意味や伝えたいこと
理解はできてないね。

歌詞をツイートする事を繰り返して
初めて理解したよ。

最近自分の好きな曲や今聴きたい曲
昔流行った思い出の曲等の歌詞を
youtubeで探した動画を流しながら
ツイートしてるんだが

そうすることで理解できたのは
文字を読むということの重要さと
情報量の多さだ。

image.jpeg

昨日のブログで書きましたが
ファミリーサポートという事業の講習を
受講してるんだけど

そのお話の中で中国人(帰化されたかどうかは定かではない)
の利用者さんがカタカナやひらがなではなく
漢字をいれてメモを渡して貰えると有難いですと
サポートさんに言われたという話を思い出したね

漢字というのはそれだけの情報量がある
ということに他ならない。

日本語は漢字を含め構成されており
歌詞にも当然使われる。

文字を見ることで
受ける印象と見ないで音だけで理解することの
違いを簡単に説明すると

オウムのしゃべる言葉が一番近い

覚えてるだけで意味など
理解してはいないのさ

こうして歌詞を耳で聞きツイートすると
なんだかまたその楽曲に対する気持ちに
変化が起きたりするからオモシロイ

何故ならばそうする事により
ようやく本当の歌詞の意味に
自分なりの解釈を持って
対峙する事が適うからだ。

英語の歌なんかはもっと理解
しやすいかもしれない

全く理解できてないどころか
インチキ英語を頭の中で音として捉えてるだけ
まぁこれは僕も同じw

和訳されている方のブログ記事などを
拝見させて頂いた時に初めて


なんて良い詞なんだ‼️

と衝撃を受け心洗われる経験をなさった事
あるでしょうか?
カーペンターズさんなんて
あれだけ有名なアーティストさんですが
意味を理解して聞いているという方が
どれほどいるのかなぁと。。。

歌を楽しむにはきちんと文字を見て
感じてみないとどういう事なのかが
わからない

先日僕の応援している
9nineさんという女子グループの
CDを購入しましたが

そういう時こそ歌詞カードをよく見ながら
楽曲を楽しむべきだなぁと
そう強く感じました。

昨今はCDが売れない状況であり
作詞し音楽を生み出される方々にとって
不遇な時かもしれませんが

そういう時こそCDを購入し本当の意味を
歌詞カード片手に音楽を堪能するという事
素敵な事なのかもしれませんよ

image.jpeg

これは自分に向けての提言でもありますね






みるくこーひー

image.jpeg








posted by みるくこーひー at 01:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

ファミリーサポート

ファミリーサポートという制度が存在する
個々の市町村にて若干異なりますが
自分の街の子育てを支援する活動のこと

その存在を知ったのは1カ月くらい前であったでしょうか?
広報に載っていたものを母が僕に教えてくれたんです。

僕はねこう見えてボランティアとかにも興味があり
過去にそういう活動に参加まではいかぬまでも
イベントに行き少しでも役に立てばと行動したことはあるんだ

だがそういった支援やボランティアをする程
余裕があるとは言えない現状であることも理解してる
自由に個人で仕事してるから
お金第一とは違う動きしてるからさ

この支援活動は子育てのお手伝いをして欲しい人
それを支援したい人(サポート会員)が登録をし
ファミリーサポートセンターの仲介を通して
有償で支え合う活動なんです。

image.jpeg

僕には甥っ子姪っ子もおり日々学んだり遊んだり
又、いろんなことを教えられたりしてる。
お子さんと一緒に何かをすることは楽しいし
勉強にもなるからね

今日はそのサポートセンターから講師がいらっしゃり
保育や安全講習そしてファミリーサポートとは何かを
教えていただける講習会に参加したのです。

面白い。何が面白いのかといえば
そのサポートする側と利用する側の気持ちの部分
勉強になりました。本当にね

こちら側(サポートする側)の行為が
何を引き起こしてしまうのか?といったお話に
目から鱗。。。。。

本を読むよりも知識として上質で
話が進むたびフンフン成る程。。。。
イヤイヤまさかそんな風に思われてしまうのか!

人は良かれと思うことを正しいと理解し
行動するがそれが果たして利用者さんの
考えと一致するや否や。。。

難しく面白い。。。。

講習は4日間を通して行われ
総時間は24時間という長い時間に及びます
1日当たりの講習時間は6時間
午前中3時間午後から3時間になっており
6×4=24時間 という内訳です。

かなりの情報量が入ってくる為
安易な気持ちでの受講はやめたほうが
良いかもしれません

実際僕は今、相当疲れていますw
ですが誰かの役に立ちお金をいただくというお仕事に
魅力を感じる人ならばお勧めではないかと
そう思います。

講習時にノートをとりましたが
ページ数は20ページを超えました
ぼくは速記ができるのでね。

image.jpeg

何事かあった場合には保証の問題が
発生するためサポートセンターに必ずコンタクトをとり
指示に従う。ぼくが理解したのはそういうことです。

こういった事業に関心を持ちサポートするような方は
基本的に誰かのお役に立つことに意味を見出せるような
方々なので基本的に優しくそして気が効くのですが

自身のその優しさや気が効くという行為が
裏目に出てしまう場合が多いようです。
勿論そんな場合ばかりではないのですがね

体の具合が悪くサポートを希望し
その方のお子さんをサポートし面倒を見て
お子さんを受け渡す際

やっぱりお母さんが一番良いよね

と。。。言ってしまったサポートさんは
2度とその方のサポートをする事はなかったそうです

理由わかりますか?

それは利用者さんの心を傷付けて
しまったからなんです

そんなにも慕う我が子を預けてしまう
我が身を卑下してしまったということ

ぼくは目を見開き成る程と。。。。
考え方の違いがあるのだと好意的な意味で
言葉を使ったサポートさんの状況に思考を飛ばし
ウーーーム。。。。
絶句に近い感情になったんです

このファミリーサポートという支援事業で
一番重要なのはコミュニケーション能力であると
実感しました

講習時に学ぶその他の保育安全講習も大事ですが
人と人が信頼を得てこそ支え合うことができるのだとね

そこに必要不可欠なのが
コミュニケーション能力

非常に難しいですが自身を成長できる
機会であると僕は考えます。


自由に使える時間がある僕には
あっているのではないかとも思います

僕は自身の収入を一つから得ようとは
思わないのです。
一つ一つが少なくともトータルして
人に迷惑をかけぬくらいの収入を得れば良い
という考え方なので

もし利用者さんのご要望があるのなら
お互いの為精一杯頑張りたいと思います。


残りの講習3日間ですが真剣に取り組みたいと思います。

勿論僕の仕事ガラスの製作もね。。。




みるくこーひー



posted by みるくこーひー at 19:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。