2016年06月01日

ワタシガ ナオシテ アゲルカラ

大きな声で僕を呼ぶ その呼ぶ声が近づいた

どうしたの? 問いかけると

こちらを真っ直ぐに見つめる 4つの目

頼もしく愛おしく信頼しなくてはいけない目だ。

小さな天使達よ まぁ待ちなさい いったいどうしたというのかな?

機先を制し 近づいて 二人に向けてこう言った

そうかぁ直しにきてくれたのね⁉️

それは僕が姪っ子から頂いたものを壊してしまった

image.jpeg

その事を既に妹に伝えておいたから

ママから 話聞き 駆けつけてくれたのだろう。

姪っ子に作ってもらい大事にしてた

付け始めたのは いつだったか。。。

確か、あれはまだ寒い時期

姪っ子コタツのテーブルで一生懸命作ってた。

誰にあげるか尋ねたら僕の分だと言ってくれた

いわゆるミサンガみたいな感じのものなんだ

姪っ子のチェックがあっても大丈夫なよに

普段から左の手首に巻いていた

image.jpeg


ワタシガ ナオシテ アゲルカラ

二人は一生懸命に壊れたものを修理する

ボクガ ナオシテ アゲルカラ

キラキラ輝く表情で二人は作業をしてくれた

僕は黙ってその光景見るのが嬉しく

微笑んだ。

出来た!できたよ!完成だ!!

二人の誇らしいその顔を見比べて どうもありがとうって言ったんだ。

もう帰らなくちゃと言い残し手を振り別れたその後に


僕は感謝を込めて こう呟いた

ボクガ キミタチヲ ズット ミマモッテ

アゲルカラ


image.jpeg



みるくこーひー






posted by みるくこーひー at 06:51| Comment(0) | 子供・育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。