2016年06月02日

Help me


思い立ったらすぐ動く

明日も同じことができるとは考えないから。
今できることはできるだけ今する。

車を運転していた。空は青かったが早朝のような
澄み切った青空で雲ひとつないという事はないのだが

雲がすごく素敵に見えたので
よし展望台に行こうと考えた。

途中でさその辺でもイイ写真取れるんじゃないかという
思いにも駆られたんだが 日本という国は電柱があり
どうしても写真に写り込んでくるんだよね

電柱&電線がさ。。。。。
それがいらっとくるので車を展望台へと 向かわせた。

到着すると声が聞こえる

助けて(Help me)

何事かと思って周囲を見渡すと
昔のお城にあった城壁のような場所の途中に
少年がいる。

年の頃は小学生の低学年くらいだろうか?

助けておじさん。

ぶぶぶwww

再び助けを求められたため
救助?に向う。
まぁコレと言って危険とも思えない場所なんだが
彼にとっては一大事なのだろう。。。、


手をかしてその場所から移動させハイそれではと思った矢先に
一緒に行こうと提案を受けた

面白いなと思い快諾すると

これを持ってと水筒を渡されるもうひとりの
男の子も同じようにしたため僕は水筒2つを手に入れたw

水筒をぶら下げつつ展望台へと三人で向かう。

僕が助けた男の子はもう既に疲れ果てていたのだが
何とか頂上までたどり着けた

頂上の休憩所らしきところには旅人が書き記すような
ノートが置いてあった。興味がありパラパラとめくると
素晴らしいwwwわははははlevel高いなw

image.jpeg

image.jpeg

みんな何かを書いていきたいのね
この場所でさ

さぁお待ちかねの展望台だと喜んでいると
もう帰ろうと言う。

イヤイヤ待ってくださいよ旦那www

今来たばかりじゃないスカw

頭の中では時代劇の台詞が渦巻いている

wwww わははははHahahaわははははHahaha

個人的にはニャンコの絵が書いてある箇所で
ビキニを装着したものが笑えたwww

image.jpeg

良い眺めですなぁ

一通り写真をビシバシ撮って

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg



展望台、から降りる


おじさん。。。
おんぶして!

おじさん抱っこでも良いよ

オィオィおじさんは良くはないわw
と心の中の悪魔が叫ぶのを聞き流しつつ

スルースキル発動‼️

放ったらかして帰るかwと思えば
一歩も動かないwwwwww

呆れたのは僕だけじゃなかったのか
お母さんに怒られるから帰るよ
と言い残しもうひとりの少年はズンズン
下の道を下って行く。

お前親友じゃないのかよ‼️‼️

動かない彼は力の限り叫ぶのだが(笑)
親友と呼ばれた男の子は先を行く。

クソ面白いwwwwwwwwwwwww

ここでw親友との友情が
壊れたのかと思うと
友情とは何と儚いものなのだろうかと
内心思いながら

ケタケタ笑いたいのを
必死でこらえる。

結局動かないのでまた手を貸し
少し抱き抱え進むがおっさん腰が悪いので
わははははHahahaわはははは www
途中で断念w

何とか口八丁手八丁で納得させ
車の置いてある駐車場まで戻る

じゃーねバイバイと声をかけ帰ろうとするのだが
車の窓ガラスに手を掛け逃がさないぞという
意思を見せる

まぁここらが潮時かと
対外人用スキルを発動させ
振り切るwww

わははははHahahaわははははHahahaわはははは

いやぁ。。。
何でこうも僕は最近
人に絡まれるのだろうか?

何だか不思議な気もするが
個人的には良いことだと思っている

オカルトかもしれないが
人を呼ぶというものが人には備わっていて
ニコニコしてると人が寄ってきやすい
のではないかと個人的には思っている。


良い経験をさせて貰った

こうしてブログ書きながらも
その子達を思い出しひとりニヤニヤする時間を
頂けただけでも面白くまた楽しい
1日ではなかったかと思う次第である。


image.jpeg



みるくこーひー( ̄▽ ̄)(苦笑)



posted by みるくこーひー at 21:40| Comment(0) | 子供・育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Together

一緒に。。。。。。そう一緒に
英語の授業を受けませんか?

甥っ子にいったのよ。。。

image.jpeg

英会話の授業受けてる時にね
ガラララって工房のドアが開いて

甥っ子が話しかけてきた。

僕はいい機会だオモロイなと。。。

だが彼は入ってこない 気を使ってるのかな?
シャイなのか。。。。。

その授業では結局甥っ子は外国の人と
お話しすることはできなかった。。いやしなかった

多少強引であったかもしれないがこういう機会を
作るのも僕の役目だと思っている。

偶然は必然。。。。

今日は二コマの授業を取っていて
授業の合間の空き時間に姪っ子も含め三人で
ワンコとお散歩に行った一緒にね

image.jpeg

image.jpeg


散歩を終えて次の授業を受ける際に
今度は姪っ子に聞いてみた。

外人さんとお話ししてみる?ってね
彼女はイエスと答えた。

今年小学校に入学したばかり
それでもこんにちはとか挨拶ぐらいは
もう既に習っている。なんていうものか
知らないんだけど

そういう英語の勉強をこのぐらいの年齢の子は
スタートし始めている。僕らの頃には
考えられなかったことなんだけどね

さー V( ̄▽ ̄)V 面白くなってまいりましたwww

僕は二人の先生とすごく仲がいいので
安心して姪っ子とお話ししてもらうことが出来る。

外人さんだろうが日本人だろうが人だからさ
僕が話をしてみて大丈夫だと思うんだから
大丈夫w

『 は ろ ーはうあーゆー 』⬅︎姪っ子ガンバル超がんばるwww

おぉwちゃんと言えるじゃないか凄いぞ‼️
御身に振り返り考えればいえたか怪しいなぁと
逃げたかもしれんw

僕はすごくシャイだったからね。

こうして二言三言。。。話をしたのだが
まぁそりゃあ英語をすぐに理解できるわけもなく
僕の予想では25分の英語の授業の最中に
どこかに遊びに行くかもと予想していた
だってつまらないもんね

理解できなければ楽しくない。
だが姪っ子は耐え切ったぐずることもなく
近くにいて外人の先生の話(英語)を
聞いていましたね。

ですから授業が終ったと同時に褒めましたねぇ

良くやった と ⬅︎小泉さんイメージしながらねwww


どうなんだろう この年齢からもう
精神年齢がやはり違うのか男の子は基本
ピュアだからなぁ。。。。

姪っ子に関して言えば僕ができるのはここまで
これ以上干渉しない。

例えば次回また呼んで話させようとかはしない
自身で考えればいいまたしたいと思えば

言えばいい

僕にね 基本僕は駄目だといわないからさ


押し付けるのはよくないし 僕はそういうのが大嫌いなので

自分で考え自分で行動 何かあったら手を貸すよ

これが僕のスタンスなんでね。


それは甥っ子や姪っ子だからなんじゃなく

自分にもしも子供がいたとしても
まぁ今後どうなるかはわからんが。。。そうするつもり


信頼するからこそ それが抑止力になる

信頼せずあれも駄目これも駄目だというのは
子供の才能の芽を潰すし。。。

信頼がないのに相手(子供達が)が信頼してくれる道理はないよね

親だって子供の年齢しか親でいた年月はない

要するに五分五分なわけだからね。





フフフ( ̄▽ ̄)どうなるかねぇ。。。。。


そうそう授業中に先生が自分の娘さんを出してくれてね
僕の姪っ子と話をさせてくれたの


image.jpeg

嬉しかったなぁ


ありがとう

ありがとう感謝してます先生( ̄▽ ̄)





みるくこーひー













posted by みるくこーひー at 02:08| Comment(0) | 英語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。