2016年09月07日

心を打つのはやはり誠の気持ちを持つ人の話のみ

基本的に人情がある人が好きで そうですね
そういう話を聞くのも好き
日本人にはそういう気質があるのではないかと
感じたりもします

若い頃に三国志の漫画にハマった
横山光輝氏の描く漫画の横山光輝三国志というやつだ
僕はそれまで織田信長が好きで

人間五十年下天の内を比ぶれば夢幻の如くなり

という言葉が頭に残り

人生を駆け抜ける
苛烈な人物に憧れを抱いていた

そして先を見据える視野や
物事を合理的に考える
ことの出来る天才として崇拝に近いものが存在した

世界を知らなかったからかもしれない

三国志には日本のような狭い領土の取り合いではなく
大きな権謀術数が蠢く大陸ならではの大きさを感じた

実際問題 現代においてもその国土その人口
世界でも有数の国であることに間違いはなく
その人材もまだ見ぬ逸材の宝庫であると感じる

三国志では人情的なエピソードが数しれずあり
魏・呉・蜀という天下三分の計三つの国が
天下の覇権を争うことになってゆく

三という数字は鼎にみたて収まりがよく
転倒しにくい形状

さすれば力技では押し切れず
様々な出来事エピソードが展開されていくわけである

天才軍師 諸葛亮孔明や対抗する勢力の実力者が
繰り広げる物語には様々な学ぶべきことがある

ですが実際の政治に関してはとんと疎かった
つい先日コンビニエンスストアにて
田中角栄氏の本を見かけ
なんとはなしに読んでみたところ
衝撃を受けた

こんな人物がいたのかと
停滞する時代にはこのような人物が必須であると
皆が考えそれを出版社の方々が憂い数多くの
田中角栄氏の本を出されてるのだろう

既に一冊購入していたのだが
本日も用事があり立ち寄ったコンビニエンスストアにて
田中角栄氏の本を購入した

僕は読みたいという気持ちには逆らえない
何故ならば過去に苦い経験をしており
トラウマとはいえないものの
読みたいと思ったら購入する
即座に購入しないと気が済まなくなっているのだ

理由は簡単で 一期一会 だからです

この機会を逃せば又会う事が無いかも知れない
実際に過去に購入したいが急いでいるので
まぁいいか。。。。( ˘•ω•˘ ;)
後ほど又などという気持ちになり
後日同じ書店に行った際すでにその場所に本がなく
また僕の不覚のいたすところなのですが

著者名はおろか本の題名すら
忘れてしまっていたのです( ´・ω・` )
お恥ずかしい話で皆さんはそんな経験は
無いと思うのですけれど。。。。。

それ以来購入します(๑✪ω✪๑)欲しいと思ったならば

ページめくればこの表情
image.jpeg
なんと誇らしげで威風堂々としていて日本人とは思えない
次いで心からあなたのことが好きで信頼しています
としか見えない笑顔なき人がいない写真
image.jpeg
武者震いがした。。。。。。僕は何故こんなにも
田中角栄氏のことを知らないのだろう
愕然とした

人情に生きた男の物語
読まずにはいられないだろう

合計二冊の本がある 田中角栄氏のことを知らぬ
僕は遠回りをし過ぎてしまった
だがようやくたどり着いた

人間は一生のうち逢うべき人には必ず逢える。
しかも一瞬早すぎず一瞬遅すぎない時に

本も一緒らしいね 本との出会い(本当の)

考えてみりゃそうなんだよなぁ。
良い時期に良い人にお逢い出来てる気がする。
ならば今後そう遠くない未来に

どんな方と出逢うことが可能なのだろう?
どんな本と出逢うこと可能なのだろう?

期待してもいいだろうか

そう思って生きてきた

image.jpeg

人の一生はやはり運だ。
努力と根気、勉強が運をとらえる゚(゚´Д`゚)゚。

この言葉が今後 僕を支える
我が意を得たり


みるくこーひー









posted by みるくこーひー at 17:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

落ち込んでますという言葉見て〜友人の定義〜

キャスに行ったんだよね
男性なんだけれどキャス主さんね
キャス主とは配信者さんの事で
放送されてる方のことね

テロップと言って配信の画面に一言書けるんだけれど

落ち込んでます|ω-`*)シュン

と書かれてたら行くしかないよね

話上手く人当たりもいい
商売やられてるから
やはりね。

女性と別れたと言ってたなぁ
僕は随分前だから(๑•́ ₃ •̀๑)モゥ記憶にあまりないな
そういう気持ち

いやぁ自分から言い出したから全然ですよ(気にしてない)

彼がいうには一生懸命努力してるのにも
関わらず経営がうまくいかないってことが
メインの問題のようでかなりね

なぜダメージがあると考えるかと言うと
滅多に泣き言のようなことを
言わない人だからね
心配だった

僕も実際問題 悩むのはそのことぐらい
仕方ないさと割り切って
生きてること自分でトイレに行けて
好きな食事が食べられる
それでいいさと思ってる

真面目な彼のことだから
愚痴を吐くことも本当は
嫌なんだろう

そしてそうせざるをえない自分が
歯がゆいのだろう

実際困った時に頼れるのは家族のみだと
呟いていたしね

彼女と別れると言い出したのも
そういう理由が内包されているんだと
個人的には感じた

なぜそういう風な思考になるかといえば
自分自身がそうだったから
ささえきれないでしょ

仕事(自営業)と彼女の両方の負担は重すぎる。

1人でなんでもやらなあかん
誰もいない。

従業員を使うということは
僕はすごいことだと思っていて

会社員の方公務員の方などには
もしかしたら理解しにくいかも知れないが
自分と会社そしてもしおられるなら家族と
そして従業員を支えるわけだからね

なんとか彼には頑張ってほしいなぁと
心から思っている

友人の定義を彼は遊びに行ける人
行く人というように定義してたが
そう思わざるをえないんだなと
これも又
image.jpeg
皆自分自身のことで精一杯で
自分は手助け出来る限りしてるのに
いざ僕がそういう状況になったら
手を貸してもらえない

僕が思うのはねその人々は
悪い人間ではなく状況がそれを許さないのだと思う
彼ら彼女らにも事情があり
もしかしたらいままで言わなかっただけで
耐えてるのではないかと思ったりもする

配信者の彼と同じようにね
期待しなければいいんだと僕は結論づける
今僕がそうであるしね

自分が考えるようには人は考えない
考えないとしても
自分が手を貸したいと思えば貸すし
見返りは求めない

そういう生き方にしていて
でもあまりにもこちらの感じ方
考え方と違う場合は
交流をたつことにしてる

それがお互いにとって一番いいのさ
家族に問題や恋人彼女に何事かあったなら
友人の事は後回しにせざるを得ないだろう
もしかしたらさ

その状況であると仮定して
折合いでもつけるしかない
まだその方と交流を望むのであればね

ウンウン。。。。

友人関係を手広く満遍なくそして
差がないようにと
考えてしまうとね

自分の許容量を超えた場合
自分自身が崩壊する恐れがあるんだ
それが不味いとわかるから
皆冷たく見えるんだと思うなぁ



みるくこーひー









どこかをセーブしなければいけない
どこかを切り捨てなければならない

そういう事なんだと思う
嫌われる事を極度に恐れるという事は
自分をより良く見せようということに他ならず
心に❤️負担がかかるんさ

いい言葉があるよ 覚えておくといい

嫌われない人は 好かれない
image.png


今はざっくりザクザクいくことにした
自分の中で必要が無い相互に成長できそうにも無い
そういう方とはご縁がなかったと

僕と家族そしてまだ見ぬ
僕の愛する人のためにね
(๑ơ ₃ ơ)♥
posted by みるくこーひー at 05:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。