2016年09月24日

Super Natural Blue 〜別の言葉でなんというの〜

池袋にある
image.jpeg
あうるすぽっとという施設
image.jpeg
そこで演劇を観てまいりました
本格的な演劇は久しぶりです
随分昔にはありますがね
image.jpeg
ココ最近はとんと ご無沙汰です
劇団山本屋 Super Natural Blue
〜別の言葉で何というの〜
作成・演出 山本タク
今回のこの劇につきましては追悼の意味が含まれている
前回の公演に出演されていた小川信太郎氏へのね

人はいつ死んでしまうのか?
それは誰にもわからず
また分かってしまったとしたならば
妙に味気なく努力する意味を見失いかけない

それは未来の確定により懸命に生きるという事に
意味を見いだせなくなる人間が少なからず出ること
を予期させる

やはり青春というキラキラ輝くような
未来を自身で切り開くような
そんな生き方に憧れる

人によってその定義は曖昧だが
生きている限り青春は何度も訪れると個人的には思う
生きていることに感謝し明日を忘れる未来を
確定することなく賢明に生きる

この劇は青春を定義していると
山本タク氏は公演直前に話されていた
役者は遺作だと思いながら目の前の作品に
没頭するともね

さすれば今日観たこの作品が
青春そのものであると
理解するのに時間はかからない


最初に幕が上がって10分?20分?
世界観を理解するのに時間がかかり
とんでもないところに迷い込んで
しまったのではないかと感じる位。

Super Natural Blueという
キーワードが重要で自分自身が
好きなことをして良い世界
寧ろ責任があるという世界で
青春を送る人々の物語という事を
徐々に理解することができる

Openingの演出?☔💧が降っているような
そんな感じの演出に驚いた
凄いねこんな表現も出来ることにね

20年前(ノ_<)イヤ〜それ以上かもね
本格的な演劇を見ること自体がさ
ですからこの あうるすぽっと のような
素敵な表現する場所なんて知らなかった
image.jpeg
当時僕が観た若き役者さん達は
image.jpeg
今でも夢を追い続けて
いられるのだろうかともね

Super Natural Blueは最初
移動手段なのかとそう思った
その演出も好きでさ
面白いなぁと感じながら

だが物語が進むにつれ
それには別の意味がある事を知る
Super Natural Blueとは青い液体(血液)

青い液体を持つ人間が
存在するという事実

それには不死身とは言わないものの
治癒能力がありこの世界では求めて
やまないものでもある

この世界では厳しいruleによって
人民が統制管理されており
人に擦り傷でも負わせようものなら
死刑執行というそんな理不尽さ

人が懸命に自分自身の夢を追うことに
対する邪魔になるからなのかもしれないと
個人的には感じた(。-_-。)厳しすぎるがね

この劇は総勢60名によって創り出されている
子役を含めての人数ではあるけれど
迫力のある演劇をそれによって
可能にさせている

ラストシーンが印象的だったなぁ
そして救う事ができるかもしれないのに
それを果たして望むのであろうか?

やりきった懸命にこなしたと
思う人の心を汚しても良いのかと





バンザイ 万歳 BANZAI .......

いい劇でした僕はループしまた始まる
音楽と大勢の役者さんが呟く?発する言葉を
今思い起こしながらこのブログを書いている

僕からしたら何故あれだけ
懸命に演じることが出来るのか不思議なんだ。
畏敬の念を生じる

役者というものは目の前にある作品に没頭し
遺作として取り組むことを今日知った
その凄まじい決意が人を引き込む

それがそう青春であると
言い換えてもいいだろう

亡くなられた小川信太郎さんは
Super Natural Blueがもしあったとして
それに頼ろうとはしなかったであろう

みるくこーひー

僕がこの劇を見に行った理由は明快で
松本まどかさんが出演されると聞いたから
そうでなければド田舎からなかなか
時間とお金を使い観にはゆかぬ

肝心の松本さんはといえば
(ΦωΦ)ホホォ…ジャージが似合ってましたwwwww
image.jpeg


( ゚∀゚)ウァハハ八八ノヽノヽノヽノ \


また観にいくとおもうよ
機会があれば演劇をね

image.jpeg


青春を形として目の前で見るためにさ

image.png

記念に撮って頂きました(´∀`∩

posted by みるくこーひー at 23:39| Comment(0) | 演劇関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脱ぐことが恥ずかしいならストリッパーにはなるな (桜木紫乃さん)

脱ぐことが恥ずかしいなら
ストリッパーになるなということ
人に読まれたいなら
読まれていいだけの文章を書くこと

オモシロイwwwww( ゚∀゚)ウァハハ八八ノヽノヽノヽノ \

よく理解できる素晴らしいと思う。
image.jpeg
桜木紫乃さん 直木賞作家さんらしいのだが
僕は基本的に最近の作家さんの名前に興味はない
読まないからさ もし仮に読むとしたら

題名もしくは立ち止まりぺらぺらとめくり
面白そうなら購入する
名前で購入するほど僕に興味を
起こさせるような作家さんはいない
存在しない

理由は僕は人を見るからだ小説家さんなら
人が大事なんよ 作品は二の次だ
面白い人が書くものは
面白いに決まってる

人としての魅力がないのに
作品にだけ魅力溢れるという事は
基本的に理解し難い
個人的な話だけどね

ホント運がいいんだろうなぁ
引っ張り出してさぁ読もうと
別の目的であったり意識しないでいると
いい文章に出会う
いい文章とは人がどう感じるかではなく
自分にとっていい影響を
与えるものと捉えている 個人的にはね

興味がわいてきた桜木紫乃さんwwwww

面白いわ( ゚ー゚)ウ ( 。_。)ン( ゚ー゚)ウ ( 。_。)ン
オモシロイ
image.jpeg
いやー俺この人好きやわwwwww
明快で解りやすい📕本を読みたくなるマジで
無論すべてのことで同意はしかねるけれど
説明の仕方がイイ。
桜木紫乃(*˘︶˘*).。.:*♡さんかぁ

本を購入したくなる強い動機は
書いた人そのものに
魅力を感じることさ

それ以外に強き動機は存在しないよ

賞をとった? ➡︎ 弱い弱い
売れていますよ?➡︎フーンだから?
そういう考えでしょう?
本を好きでもない人達からしたらさ

僕も同じ別にそういう理由で
購入しないわけではないけれども
強くないんだ意志の希薄さを感じるのさ

振り返って桜木紫乃さん

しっかし。。。言うこと言うことにキレがある
ザクザク斬られる感覚がある。
作家さんてこういう人多いんだろうか?
自分は知らんな
桜木さん独特のような気もする
嬉しいわ
image.jpeg
変わってるもんw
変わってるイコール最大級の褒め言葉さ

嬉しいなぁ嬉しいよこんなに
気になる作家さんはいない
初めての経験だ現代の作家さんとしてはね

村上春樹さんとか僕全く興味が無いんですよ
何故ならば人間としての魅力を
個人から感じないから

作品はどうか知らないが
僕は人が大事なんだ
その人そのものにね魅力を感じないと
('ω'乂)ダメー('ω'乂)ダメー('ω'乂)ダメーなんよ

文学的とかクソ喰らえなわけでね
学問なんて大層な言葉を使うから
つまんなくなるわけでさ

一般大衆が理解出来ないもんなんか
ゴミと一緒なんだからさ

理解しているようでもそれが迎合であるなら
僕は評価しないしそれで評価されても
嬉しくも何ともないだろう

(ノ_<)イヤ〜素晴らしい作家さんだ
名前も顔も記憶に残るそして強い動機が生成された

感謝致します出会いに



みるくこーひー

@二人のわが子にお母さんは昔小説の新人賞を獲ったのよ
という人にはなりたくなかった(๑•̀ㅁ•́ฅ✧
A赤裸々とリアルは違うその違いについて考えることが
自分の独創性につながる (ΦωΦ)ホホォ…
B小説は人を蹴落としてのし上がる世界ではない
ライバルを設定した時点で二番手であり
自分に負荷をかけることになる❤(。☌ᴗ☌。)

(*˘︶˘*).。.:*♡その感じ方考え方に尊敬を覚える



posted by みるくこーひー at 04:28| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。