2016年11月09日

意志ある選択が人生をつくる おとなの進路教室


僕は本屋さんで本を選ぶ際に
あまり時間がかからない
ペラペラとめくり要点を捉え
自分が楽しいか楽しくないかで決めるから

楽しいという言葉は適切ではないかもしれないね
別の言い方でいえばフィーリングとでもいえば
わかるだろうか?

決して熟読はしない それでいていい本を(自分にとって)
選んでくる確率はかなり高いと自負している
もしかしたら数うちゃ当たるという状況に
傍から見たら思うかもしれない

それはね購入する本の数が多いからだ
一月に10〜20冊の間だと思う。
一般的に読まれる方がどのくらいの数の本を
購入するかは定かではないけれど
おそらく多いほうであると思われる

今日ご紹介したいのは 下記の本ですが
表紙も一風変わっており 本屋さんにて目に留まった
よく見れば 文字が反転しているのでね

おとなの進路教室 山田ズーニーさん

IMG_2129.JPG

本というものは売らなければ売れなければ
購入されなければ意味がない
手に取ってもらってなんぼであるから

表紙は奇抜なデザインだから良しとしよう
だがwのっけから役に立つかどうかわからんで( ´•д•` )💦
というような前書きから入るのは
ある意味僕にとっては新鮮だった

マイナスの言葉を少しでも減らし
あとはご自宅で帰りの電車でお読みください┏○ペコ
というスタンスが多い中 僕は楽しさをそこに見た

無論マイナスだらけの本なぞ誰も購入しようとは思わない
つまりは続く言葉が本書の本意

自分の考えを引き出すのによく効きます

僕はねいつも赤いボールペンを手に持ちながら
読書します。重要だと感じたりたまに訪れる
落雷⚡のような衝撃を受けた際に何を感じたかを
書き込んでいったりするのです。

これはもう癖みたいなものでアンダーラインを
この様に引いたりグルッと枠で囲む事で

IMG_2192.JPG

読んだ証を刻みつけ再び読む時のための
手掛かりにしているのだと思う

ある一通のメールの文章に筆者の山田ズーニーさんは
目を留め惹き込まれた

「納得の行く就職先に決まりましたそこには
意志のある選択があったから」

こう書かれていたメール

考えることがその人の意志になるという事だ

意志ある選択が人生をつくると言えるだろう

自分が日々一瞬一瞬してきたささやかな選択の連続が
自分の歩むべき道を形成するのだ

ですからいざ選択するという段階において
有利であることや怖いからと自分自身の
意志を曲げることはおかしいと山田さんは
書かれてる

結果に負けて意志がつぶされるというのは
順番が逆になってしまう

意志に忠実な選択こそが自分の人生を作る

みるくこーひー

非常に考えさせられる文章トピックが多く
皆さんにもぜひ読んでいただきたいものが
この本には数多く綴られている

僕の感覚でいうと人の痛みがわかる文章だと思う
自身も人生の転換期に悩み苦しみ抜いた人だからこそ
かける文章であると僕には感じられる

気になられた方のためにリンクを貼って置きますね

見つけた(σ*´∀`)✨✨✨✨✨✨🎵

おとなの小論文教室
IMG_2193.PNG

山田ズーニーさんが執筆されている
ほぼ日刊イトイ新聞 糸井重里さんのコンテンツ内においてね

IMG_2194.JPG

IMG_2195.JPG

http://www.1101.com/essay/index.html

現在 lesson 802 とのことですから
読み応えもあると思います

僕自身も既にブックマーク済みなんですけどね
∩(´∀`❤)∩ワァイ♪


僕なりにまとめますと この様になります

何かを選ばなければならなくなっていること自体が
既にもう意思である 己が日々進化し続けている事の集積が
自分を先導する そして選択の時が訪れる

IMG_2196.JPG
posted by みるくこーひー at 06:20| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

グローバル採用について


以前ブログでご紹介させていただいた
村上憲郎氏がDMM英会話さんのインタビューにて
グローバル人材について語られていたので
拝見させて頂いた

僕にとって目下のところ重要ではない部分は
割愛させて頂き気になる部分のみ
考察していきたいと思う

もし記事全文をお読みになりたいのでしたら
下記リンクで飛んでください

DMM英会話
元Google米国本社副社長兼日本法人代表取締役社長
村上憲郎氏に聞く これからのグローバル人材とは?
http://eikaiwa.dmm.com/biz/seminar/report/

合わせて僕の書いた記事
村上憲郎さんの出版された書籍についての
ブログ記事リンクも書いておきますね
もしご興味がございましたら 合わせてどうぞ

IMG_2176.JPG

村上式シンプル勉強法〜もう遅いなんてことは決してない〜
http://milkcoffeereborn.seesaa.net/s/article/438454009.html

村上憲郎氏曰く
グローバル採用において決して忘れてはならない事は
年齢・性別・国籍・思想・家族構成 などといった
個人の能力に関係の無いことを聞いてはならない

結果が不採用ということにでもなれば
それが直接の採用の合否に関わらず
一億円程度の訴訟問題に発展する可能性がある

日本の常識は通用しない為日本企業が軒並み
訴訟まみれになることを危惧している
可能性の問題ではあるがそれを前もって
意識しておけば面接にて不手際を起こすこともないと
説明されている

面接で聞くポイントは次のようになる

一体あなたは何が出来るのか?

ここである。面接に来た人材に対し
徹底して能力という部分にこだわった面接が
良いとのことである

つまりは僕らがもし面接を受けるとするならば
何が出来るかアピールすることにかかってくる
そこに合否の行方はかかってくるわけですね

アピールするには何かに対し努力して身につけ
それを評価されなければならないが
語学力は当然必須になる事でしょう

そうなると年齢の高い僕らの世代は到底無理であると
考え違いをしそうですが村上氏は著書にて
故郷の人々にこの様に述べています

誰でもどこにいても努力すれば勉強すれば
いくらでも伸ばせる
もう遅いなんてことは決してありません
あなたが見ているのは🌏世界です
あなたも広い世界の中のひとりなのです

心強いお言葉でありチャレンジしてみる価値が
ありそうだと感じさせてくれますね

村上さんが何を語られているのか
気になってリンクから飛び
僕なりに解釈してみました

みるくこーひー

僕は企業に就職してるわけではないが
非常に気になりグローバル採用についての
考察を自分なりにしてみました

SNSやStudyplusにおいて次の時代を担う
若い子等と少なからず交流がある為
知識として知っておくべきかなとね

一体あなたは何が出来るのか?



posted by みるくこーひー at 16:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

折れない心をあなたは感じられるか?


twitterにて動画を拝見させて頂いた
出川哲朗さん 一流の芸人さんの動画です

IMG_2134.JPG

僕は以前は面白おかしくただ(っ'ヮ'c)ワロスwww
そう感じるのみだった

IMG_2135.JPG

だが深夜🌃英会話の先生とskypeで会話をした後に
拝見させて頂いたらある別な感情に包まれた
それはね 出川哲朗さんは強いという事さ

半端ないんだ 芸人さんにこういうこと言うと
失礼に当たるかもしれないが

スゴ───(〃'艸'〃)───ィ人だよ

折れない心 何度も何度も立ち上がる
不死鳥の様にね

僕にはトラウマじみた経験がある
NZにワーキングホリデーVISAで行った際に

僕の他に📞電話を取るものがおらず
仕方なくアルバイト先の電話を取った

恥ずかしい話だがw聞き取れない
たしか僕はこう言いたかった

あなたの言葉が聞き取れない

そしたら怒らせてしまってwwwww
(o∀o*)ア- ヤッパリ?

以来電話に出るのは苦手だ(笑)

なんとかね先輩が来たので
ヘルプι(`ロ´)ノヘルプミーと叫んで
事なきを得たんだがね

その時先輩は僕に向かってこういった(イヤそーな顔で😡)
あんたさー喋らないといつまで経っても
英語なんて喋れんよ(怒)

(。・ω・)y-゚゚゚思考中 (🌟少々お待ちくださいませ🌟)
20秒経過w
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

( `皿´)キーッ!! 上等だwクソ〇ッチwwwww

内心こう彼女に面と向かって言いたかったが

_(-ω-`_)⌒)_スミマセン(心無き謝罪w)

彼女は既に数年間NZで暮らしており更には
同棲してるのだ こういう感情になったw
若かりし時の自分を怒り責めるわけにもゆかんw

時が経過し振り返ってみればね
彼女が強い口調で言ったのは

僕にわかって欲しいと英語は英会話は挑戦であり
折れない心が必要であると
そう思った上での言葉と態度だったんだろう

その裏には多分彼女自身も苦しんだはず( ´•д•` )💦
今になればそう思うんだよね
僕も成長したってことだね☆復٩(ˊᗜˋ*)و活☆

話を出川哲朗さんに戻すけど
あの時僕に出川哲朗さんのような強き心があれば
英会話できるようになってたと思う
そう信じる

出川哲朗さんの動画を見て何を思うか
何を感じられるかによって僕は
世界は変わると思うよ

みるくこーひー


必死に何度もattackするそれは番組の意向
かもしれないが他人にどう思われようと
構わない

己の信ずる道を切り開く鉄人だ

見習いたいなと感じたり思う人間のみ
世界への扉は開く そう思うんよ

IMG_2136.JPG
posted by みるくこーひー at 03:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。