2017年01月17日

あったかい声がするなぁ この世界の片隅に


阿佐ヶ谷ラピュタ

IMG_5916.JPG

演劇を見に行ったんだ そしたらこんな建物が
聞くところによるとジブリの宮崎駿さんも公認らしい

地元の人にも愛される映画館 その映画館でポスターを見た

この世界の片隅に

IMG_5904.JPG

その時僕は時間の都合がつかず見ること叶わなかったが
幸運にも地元の映画館で1/14から要望に応え
上映して頂けることになった

IMG_5905.JPG

この映画はクラウドファンディングにより制作されていた
そのことに気づくのは映画を鑑賞後のエンドロール
その時僕は初めて気付くこととなった

なる程皆さんが お金を出そうと思う気持ち
応援したいという気持ちが
ひしひしと伝わってきた

仮に僕がそのことを知りえたなら喜んで
助力したと思えただろうな
そう思えるほどいい映画でした

インターネット上で一般の人から制作資金を得た
この映画は全国から3374人、3912万1920円もの
支援を集めたそうです

IMG_5907.JPG

あったかい そうあったかい声がする

IMG_5917.JPG

主人公の北条すず(旧姓 浦野)さん役に
のんさんが選ばれたことは 本当に素晴らしい

IMG_5924.JPG

監督のご判断のようですが僕を含め
クラウドファンディングに
参加し得なかった層の人々にも
もし次回こういった試みがあるならば…と
思わせるような

あったかい声がする

声を持つ方

原作者のこうの史代さんが当初に思い描いた
すずさんのイメージはもっとうちに篭った

IMG_5923.JPG

ひねくれた部分のあるキャラクターであったそうだが
のんさんの声を聞き素直でそれもいいなと思わせた

IMG_5922.JPG

日本の映画は変わる そう変わってゆけるのではないか
そんな期待をこの映画が実際に上映される事になり
大いなる期待を抱かせるに至った

いいと思うもの 個々が感じるそういうものに
協力すれば形になるんだ 様々な障害も

全国の同じ気持ち持つ人がいれば
願いは叶うそういう事だと理解できる


昭和20年、広島・呉。
わたしは ここで 生きている

IMG_5921.JPG



みるくこーひー

この作品は戦争の渦中から終戦までを描いており
子供から大人まで年齢問わず見て頂きたい


戦後70年(2016年11月)の年に公開できた
という事にも価値がある気がします

広島にオバマ大統領が現職の大統領として
初めて公式に訪れた年でもある

年はまたいでしまったが僕にこの映画を
見させてくれて(*´▽`人)アリガトウ♡

人の想いがあって物事は完遂する
そう思えたんだ

もしまだ見ること叶わぬ人がいらっしゃいましたら
映画館に足をお運びください

僕はそうして頂きたいと強く願う


IMG_5906.JPG

posted by みるくこーひー at 00:31| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。