2017年05月07日

パパ大好きと言われる人に

パパ大好きと言われる人になるにはどうしたら良いと思われますか?

やはり知る事だと思う
入学試験入社試験の為には 必死になって勉強するよね

IMG_8347.JPG

それくらい必死に知ろうとしなくちゃいけないんだと思う
いつも会社に行き後のことは

ママさんに👩任せきりなわけだから

僕は独身で未婚ですが子育てについて知ろうと思い
よく本を読みます

理屈が分からなければ 誤解を生むと思うから

IMG_8387.JPG

公式が間違っているなら回答が間違っていくように
キチンと理解したいなって思うからなんですよ

相手もいない癖に( ̄∀ ̄)と言われたなら
返す言葉もありませんが(爆)💣

いつかあの時準備しておいてよかったなぁと
思えたらそれで良いんじゃないかと思うんです

僕の妹には2人の子供がおり
小学生の👦男の子と👧女の子です

IMG_5419.JPG

隣の家に住んでいますからほぼ毎日
顔を合わせますがそういうこと自体が
貴重な経験だと思い勉強させてもらってます


忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス
著者: 明橋大二 ・イラスト: 太田知子

IMG_8345.JPG

この本を購入して来て読みましたが非常にわかりやすく
パパとママの状況の違い感じ方考え方の違いを
説明してくれてると思います

#忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス
#明橋大二 #太田知子

パパさんは男性ですからどうしても女性とは違う
論理的な思考で物事を考えます
それはほとんどの男性がそういうものであり
問題に対し回答を考えるんです

それが誠実であり当然のことであり
ママさんに対しキチンと👩向き合う態度であると
考えているんです

けれども(ーー;)💦
多くの奥様方が求めているのは
解決策ではないのですよ

そうだね😊

そうなんだ大変だったね😣


という受容共感の言葉なんですよ✨✨✨🙋💕

話をキチンと聴いてくれるだけで心のモヤモヤや
日々の疲れが解消されることが多いんです

キチンと話を聞くという態度は
ママさん👩がこの人は私のことをわかってくれる人であると
再認識できる機会でもあるわけです

無論お仕事をしてくれて家族のことも
考えていることも
重々承知しているのですが
日々の育児の大変さをわかって欲しい
感じて欲しい共にわかって欲しい

そして優しい言葉もかけて欲しい

パパが疲れて帰ってくるのを理解しても
尚、話を聞いて欲しいという

ママの気持ちを理解してあげられたらいいね
🙆‍♂️💕🙆



みるくこーひー

もしあなたがまだ結婚されておらず
お付き合いされている状況ならば
子育ての状況になったら

どうこの人は振る舞うだろうかと
考えてみた方がいいと思う


もしそのような話題で曖昧に濁したり
他の話にすり替えるような人間性なら
未来は非常に暗いと思う

男が逃げ腰になるのは先を見据えてないという事です
つまりは今さえ良ければいいという子供染みた考えしかない

そういう状況になったら考えるというのは
愚かな人間でありあなたの事を考えていないと思う

好きではあるかもしれないが
愛してはいない

残念ですが他の人を探す方が
苦しまなくて済むと思う

それでも尚その方がいいのであれば
難しいとは思いますが教育するべきでしょう

共感というものは感性が必要だと思う
何かを見て感じ取る能力だ
生まれつき優れた人もいるだろうが
それは自分で育て上げてゆくものだ

IMG_8358.JPG

映画でもいい本でもいい
ちょっとした場面に遭遇した時でもいい
感じ取る訓練が必要だよ

訓練しただろ話す事も歩く事も
皆懸命に取り組んだじゃないか(*´꒳`*)


お互いに支え合い生きていくには
そういうプロセスを得て結婚し温かい家庭を作り
お子様達を育てていく方がいい


パパ大好きと言われる人になりたいなら
ママを労れるような人間性を育んでいくべきだね

IMG_8348.JPG

準備しましょう
今までそんな事考えてもみなかったなら
準備しましょう
僕はまだそんな事考えたくもないじゃなく

家庭により良い関係があってこそ
仕事もはかどるものですからね


posted by みるくこーひー at 04:33| Comment(0) | 子供・育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。