2016年05月26日

後悔には2つある 上原浩治さん 覚悟の決め方

昔は猫も杓子も巨人。。。という時代だった。
日本シリーズは一大イベントであり
高校時代には
その話で盛り上がったなぁ。。。

時は流れ上原浩治選手が入団する頃には
大分人気に陰りが
出てきていた。

巨人が悪いというよりも
多種多様な他のコンテンツに
皆が移動したという
ことが挙げられる。

だが上原浩治選手は華々しい活躍を
日本で成し遂げアメリカに渡り
結果を残す。

昔から巨人時代もそうだが
ハッキリと自分の意見を持ちキチンと己を
コントロールし必ず結果を残してきた選手。

自身を過大評価も過小評価もしない

自分自身をしっかりと見つめている
そういう印象を持つ。

書店にて上原浩治選手の本を
見て迷わず手に取り購入

image.jpeg


見なくてもわかる僕にはそう思えた。
必ず僕の為になるはずだ
確信と言ってもいい

早速どんなことが書かれてたのか
書いていきますね。

まずは後悔には2つあるということ。

1つは
『あの時、どうしてあんなことをしてしまったんだろう。。。』
と言う後悔
もう1つは
『あの時、どうしてこうしなかったのか。こうしておけばよかったのに。。』
と言う後悔だ

image.jpeg

要するに実行したのかしないのか。
実行し失敗したのならまだしも。。。。。
しないで失敗するというのは

単なる準備不足か
新しいものへの挑戦から
ただただ逃げていたに過ぎない

準備を万端にしても尚失敗することはあり
また人間というものは

成功からは何も学ばず
失敗からしか学べないものなのだ。

手痛い失敗からもう二度と
こんな目には
あいたくはない

そう考えるならば
それは素晴らしい経験値となり
自身の飛躍の後押しをするガソリンになる。

自分自身を振り返り
今までで一番辛いことは
なんであったのか良く考えてみるといい

それを曲がりなりにも
乗り越えているから
今こうしてブログなぞを
見ていられるわけである( *˙ω˙*)و グッ!

もし私は辛いことなど1つもありませんでしたと
答えられる人が仮にいらっしゃるのなら
幸せすぎる人生を歩まれてきたのか
もしくは人間的に
完成された素敵な御仁であろう。

僕は前者の人に全く興味がなく
また魅力を感じない
辛い目にあわずにきたということは

辛い人の気持ちが
理解できないからである。

経験値の欠如。。。

苦しく辛くどうしようもないほどの気持ちを
抱え乗り越えてきた人しか
本物の優しさを持ち得ず

また苦しんだ分だけ
優しさというものは相手に与えることが
できるものなんですよ

上原選手はなんて答えると思いますか?
一番辛かったこと。。。。

それは浪人時代であると彼は言うんです。
大学受験に失敗し野球をすることができなかった
勉強というものをあれほど
本気でやったことはないそうだ

まぁここまでは普通なんですけど

上原選手は尊敬する人という質問には
このように答えるそうです。

僕は見た瞬間わははははwww
面白いこういう考え方が
できる人になりたいと思ったね

尊敬する人とは
メジャーの大投手でもなく
スラッガーでもなくましてや野球に
関わる人でも有名人でもない。

それは。。。

浪人生で今一生懸命勉強を
されている方だと‼︎‼︎言うのです。


痛快だね 素晴らしい
素晴らしすぎる

人ってさ窮地やピンチのことを
知らず知らずのうちに
記憶から消そうとする

それを良しとはせず
いつでも思い起こせる場所に置いておく

何故そうするかと言えば
その痛みや苦しみを
忘れることなく自身の教訓にし
また何かがあった際に
比較し乗り越えるための拠り所とするからだ。

やはり面白い
そして自己管理能力に優れ
自身の評価にブレが微塵も感じられない。


僕がいいなぁと感じた箇所を
僕なりの解釈も入れて
書いたのでもしご興味があるのなら

上原浩治選手の書かれた
この本を読みふけって頂きたい

学生さんでピッチャーやられてる方
なんてすごくいい気がするね。


滅多にいないからさ
野球界にもこういう思考の
持ち主はいないと思うから

何をすべきかそう出ないかを
常に考え実行していく能力が
あるからこそ

日本そしてメジャーでの成功を掴めた
素晴らしい成功例であり
見本にさせて貰うべきだから

image.jpeg

どうせ後悔するならやってみようぜV( ^ω^ )V
そうは思わないかい?


みるくこーひー



posted by みるくこーひー at 11:09| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。