2016年05月28日

未来を見据え優しく導くチカラ

昨日は歴史的な日であった。

image.jpeg

image.jpeg

その内容云々は英語を深く理解し伝えられる能力のある方に
お願いするとして僕は僕なりの見方をしたい。

オバマ氏の行動に一瞬目を見開いた。
被爆者の方に話しかけるとは思わなかったんだ。
もう広島で演説を行うという行為だけで良しと考えていた。

image.jpeg

オバマ氏は公人である。
彼の一挙手一投足は見られているわけです
自国の民からね。

個人的に日本に対し又被爆者の方々に対し
哀悼の意を表したいと思ったとしてもそれをすることは
非常に難しい。

image.jpeg

良かった非常にね笑顔も見られた。。。。
2つの国の人間が笑顔を見せた。
もうそれだけで言葉はどうでもいい
その事実は消えない。

世界中の人々がその光景を見て何を思うだろう?
それこそが成果である。

メディアが若い世代そして被爆者の女性に聞いた
どう思うか今回のオバマ氏の演説についてね。

若い世代は未来を見据えていた。話す言葉にも
それが見えたし平和への思いも感じた。

残念だったのは。。。。
被爆者の方の感想であった。視点が違う。。。
仕方のないことだとは思うのだが
彼女は過去を見つめている。

オバマ氏の演説にどうしても謝罪の言葉を
聞きたかったようなのだが僕はそこを求めるべきではないと思う
形だけの謝罪の言葉があったとして
それがいったい何になるというのだろう?

日本に核兵器の犠牲になられた方は非常に
たくさんおられるがアメリカには核兵器ではないにしろ
人数が少ないにしろ犠牲になられた方々がいるわけで
国に対し謝罪させるというのなら日本も同罪なんだと思うんだ

その方々に対し何かを感じるならばそういう思考には
至らない。憎むべきは核兵器であり二度とそのような
行為をしてはならないということ

ここに至るべきなんだと思う。
苦しく悲しく僕なんかが理解できないような
体験をなさったと思うのだが未来を見るとは
そういうことではない。

アメリカと日本だけのことではない。
戦争はいけない。悲劇は繰り返してはならない
そういう風に思って頂きたかった。

確かに私の世代答えてくれた若い世代は
現実に体験してはいないかもしれぬが
想像してみました。僕もね同じ体験を借りにしたとして
どう感じどう思うかをね。。。。。、

塾考した結果僕はアメリカに謝罪の言葉を
求める気にはならない。

思うのは核兵器の根絶それしかない。
フォーカスする部分が違う。

残念だけど未来を思うとはそういうことなんだよ。

オバマ氏の演説の前に
別の被爆された方が語り部としての活動や
被爆体験を話していた。

そこでその方が衝撃を受けたことという話をなさった
日本の若い世代に語り部として話をし終えた後
ある女子生徒にこう質問されたそうです。
『本当の話ではないですよね?』
目の前が真っ暗になるほどの衝撃だ。。。
あり得ない二の句が継げないとはこのことだ。

その語り部の方は人間的に素晴らしいと思った。
僕が予想する返答ではなかった。

これこそが僕らの進むべき道なんじゃないかと思った
なんて答えたのかと言いますと

本当じゃなかったらどんなにか嬉しいことでしょうね。。。

頭が割れるくらい衝撃を受けた。
あぁ。。。この方は受け止め優しく導く力をお持ちだと。
筆舌にしがたい体験をされてもなお未来を見据え
僕らに伝えようとなさるその返答に全てが詰まっていた。

未来を見るもの過去にとらわれるもの
それが鮮明に見える。

僕はオバマ氏の演説の後にこの語り部の方の
ことを思い出しまた。。。核兵器のない世の中を
想像してみたよ。

歴史的な日あなたは何を感じましたか?
僕とは違う意見もあることと思います。
それはそれでいいと思うし

僕らが核兵器のこと広島のこと日本のこと
そして今なお行われている世界の何処かで戦争により
亡くなられている方々のことについて

感じ考えることこそ重要でそこから
未来が作られていくのだと思います。

image.jpeg


みるくこーひー



posted by みるくこーひー at 05:01| Comment(0) | 記念日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。