2016年06月15日

導く力

人を導くにはどうしたら?

すごくたいそうな物言いに 聞こえるかもしれませんが

甥っ子姪っ子についてなんですよ。

導いてあげたいのはね

いろんな事を経験させてあげたいし
また色々な選択肢があるんだよということも
教えてあげたい。

なんでそのような考え方をするのかといえば
自分がそうして欲しかったからなんですよね。

僕の両親は基本押し付ける人なのでね

残念ながらこんな人間になってしまった。

今現在の自分は長い期間もがき苦しんで
作り上げたもの。

人からつき飛ばされれば
走り寄り同じこと いやそれ以上のものを
加害者に加えることも造作無い。

結果的に良い方向に向かいましたが
途中で倒れていてもおかしくはない。

甥っ子や姪っ子には親だからと言って
押しつけをしてもらいたくはないんだ

親というものは子に比べ偉いと考えがちだが
僕はそうは思わない。

同じだと思う

上下などなく親になった年数イコール
子供の年齢ですからね。

勿論第二子の場合は親の継続年数は
上になるんだが。。。。

同じ年数親として子供として生きる
生きていくわけですから変わらない。

子がいることにより親は成長させてもらい
親がいることに入り子は安心を得る

親だから産んだから偉いということはない
何故なら自分も産んでもらったわけですから

同じ。なんら変わりはない。
親として勉強し子を導こうと努力する
親になったから急に偉くなるというのはおかしなものだ
過程を重視せずただその名称に優越感を得てるに過ぎない

勉強なんだ。親一年生からスタートする。
子供も同じことです。

手を繋ぎ一歩一歩 歩んでいくんだよ それが健全
そう言う考え方ができぬから 子供を所有物のように
考え扱う親が出来上がる

虚しいことだ。

偉いとは努力し続ける人に使う言葉であり
努力もせずにただ得られるものではないんだ。

押しつけをせずに導くなかなかに難しい。
選択肢を複数提示しその中から自分で選ばせる

そうすることで自分の責任というものを
小さな頃から学ばせる。

失敗したからって怒る必要などなく
よくやった次頑張れば良いと応援すれば

僕は私は失敗したのに両親はその事について
触れず応援してくれる

僕等を信頼してくれているのだ

次は二度と失敗しないよう努力しよう
そう思うのではないかと個人的には考える

信じる心を育ませるには先ずは自分が
信頼してあげなければ育つはずなどないだろう。

今日初めて甥っ子が自ら僕も英会話
やろっかな?

そう呟いた。
僕は無論諸手を挙げて応援するよとね。

僕の英会話の先生は非常に優しい。
ご自分も娘さんを産み育てているせいか
甥っ子姪っ子に対し慈しみの心で
接してくれているので

非常にありがたくいつも感謝しています。

日本人と外国人そう言う括りには当然なりますが
僕は別に人種が違うといっても信じるに足る先生だと思っている

何故なら日々話を英語でし先生の考え方や思考を
理解しているから。

人間ですから何度もなんども会話をすればだんだんと
その人の傾向や思考などは 理解できるようになる。
もしかしたら一般の関わり合いのない日本人よりも
先生の方が楽かもしれない。

先生の質問に答える甥っ子を眺めながら
どういう風に僕は今後動けば良いのだろうと
考えていました。

よく頑張ったなという想いを重ねつつ眺める

授業の終わりの方には
姪っ子に教えてあげてもいたよね

僕は導く力を欲する。
強引でなく自ら成長させてあげられるような
そんな導き方をしたい。

子供の頃からそう言う風に手を繋ぎ
同じ目線で物事を考え歩んでいけたら

良いのではないかとそう思う。

僕は欲しかったんだよ‼️

そんな人がさ。。。。


20160615_174720.jpg



みるくこーひー















posted by みるくこーひー at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。