2016年10月07日

普通って何物かを感じれば生きていくのがたやすくなる

普通って何だ?
絵本作家の五味太郎さんの文章の題名である

IMG_9518.JPG

素晴らしい👏僕はこういう文章が読みたいのだ
自分自身が乗り越えた事なんだけれども
以前の僕と同じような気持ちで
今苦しめられている人に読んで貰いたい

もし知らぬならお教えしたい
そういう気持ちから この記事を書いている

自分さえ良ければいい
そういうのは僕には合わない
いい事は皆で共有すればいい

もし僕が知らぬことあれば
きっと誰かが教えてくれる
その時感謝し
有難うございます(●´ω`●)笑ってそう告げればいい

普通という概念が人を縛り付ける
そのことに気付くことが出来れば
人生ってやつは案外楽しきものだなと
思うこと叶うだろう

五味太郎さんが言われてるのは
人には得手不得手がありそれは努力で
賄えるものではないという

僕自身そう言われてみれば( ˇ-ˇ )そうだと思う

本日 サッカー日本代表戦の試合があったが
誰もがエースになれる訳じゃない

守備のうまい人 走るのが早い人
ボールコントロールが巧みで
試合を作れる人様々だが
IMG_9504.JPG
エースとは点をとるのが上手い人
試合を決められる人しかなれない

いくら努力しても
得手不得手があるからね

振り返って僕らは果たして
自分自身を理解してるのだろうか?
自分の得手不得手を理解し
選択をしてきただろうかとね

得意なものは取り立てて 頑張らなくとも
出来て当たり前
頑張らなきゃ出来ないという事は
その仕事に向いていない
そういう事だと五味さんは語る

その五味さんの息子さんは中学の頃
柔道でかなり強かったらしいのだが
高校生になるとやめてしまう

どうして?と理由を尋ねると
あのさぁ(ΦωΦ)僕は戦う子じゃないんだよね
という返答をした

その言葉を聞き五味さんは嬉しくなったという
何故なら自分がどういう質の人間かを
見つけられたから

それを見つけることが自分自身を知る
という事にほかならない

普通って何だ?
他人様に迷惑をかける事がなければ
それでいい
子供は学校に行き父親は会社に行く
母親が家事をする

これが普通であると
どこの誰が決めたのだろう?
普通だからという理由だけで
しなければならない
というのは

嘘だ

ホームレスが自由気ままに生きている
対照的にネクタイを締め電車に乗り
すし詰めになりながらも生活する

果たしてどちらが普通なのだろう?

こんなふうに僕が思えていたなら
苦しまずにすんだろうなぁ

普通という幻想みたいなものに
取り付かれたからこそ悩んだのである

普通ってそういう事だようやく
理解出来たんだよね



みるくこーひー

タラレバの話をしても仕方ない
僕はそれでも悩んだ時期は僕にとって苦しく
非常に耐え難い時期だったけれど

その分経験できた 苦しさを日々体感した
その経験が人に対し優しく接すること
そういうものにリンクする

人は自分が受けた経験した
苦しみの分だけしか
優しくはなれないからね


この五味さんの文章で救われる方が
いればいいなとそう心から思うんだ

自分に向いているもの
それが生きていく上で必要なのだと思う
ワザワザ不得意なものを
何か理由をつけしているから
トラブルが生じるわけでね

お金のため生活のため
豪華な食事に趣味のため
それもいいけど

自分に向いているもの
見つけられたらさらに輝くことだろう
posted by みるくこーひー at 00:26| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。