2016年10月13日

なぜか気持ちが楽になる子育ての本 嬉しいわが子の成長が見えてくる

Twitterで下記のように呟いた

この本一冊あればお子さんの事で(´・_・`)悩む
必要はない そう思えるくらい 適格な思考
適格なアドバイス 信じられないくらい
効果があると思う

不安感を取り除く魔法の書
定価が1000円だが 1万円でもおかしくないくらい
素晴らしい本
IMG_0218.JPG
なぜか気持ちが楽になる子育ての本
IMG_0220.JPG

別に著者さんや出版元になんかあるわけじゃない
僕自身読んでてここまで凄い本は
子育て関連の本では見当たらない

マジで今すぐ検索かけて買えば良いと思うよ
苦しまずに済むようになると思う

僕のブログでも今日紹介するけれど全ては書けない
ポイントのみ かいつまんで 書かざるを得ないから
飲み込めない人も出てくる
ここまで✨強烈に✨本を勧めること
そしてその効果があると確信する事は
今後ないと思う

聴く耳がある人だけ救われることもある
仕方がないこと。
僕にその力がないのもあるしね
ただ読んでみればわかると思う
イラストもあり非常にわかりやすいから

例えばこれね
評価される視点です
IMG_0240.JPG
実に嫌でしょうねお子さんは( ´•д•` )💦
IMG_0241.JPG
振り返り自分が言われたらどうでしょうか?
IMG_0242.JPG
嫌でしょうwwwww
二度と作らないわよ!!!!というような心持ち
IMG_0243.JPG

このように自分が言われたなら嫌なことを
最愛の息子さんや娘さんにしてるということ
僕がいつも言うのは

自分がされて嫌だったことは
してはならない

そういう事さ 痛みを理解してるのに
何故するんだという事(´・ω・`)ショボーン
学んでいない経験から何にもね( ˇ-ˇ )

僕はこんな辛口の言い方しかできないけれど
この本はそんな貴方も救ってくれると思う
優しいもの。。。。。。

先程の考え方は
評価する視点と🌸✨成長を喜ぶ視点✨🌸という見方に
わかれるんです 成長を喜ぶ視点になれば
自分自身をも救われる

いい親であらねばならぬという気持ちから
言ってはいけないことなのに
先を見据え褒めることをしない

お子さんを褒めることが出来ない
つまりは自分自身も褒めることなく
過ごし続ける

そんなの苦しすぎるでしょうに
(;−ω−)ウーン(;−ω−)ウーン(;−ω−)ウーン

反対に感じ方考え方を変えたならどうなるか
見てみよう(*˘︶˘*).。.:*♡

IMG_0246.JPG
ほらね(`✧∀✧´)キラーン!違うでしょ?
IMG_0247.JPG
二人が幸せになれる

自分ひとりで悩まずに抱え込まずに
いろんな情報を仕入れ自分に合った方法を
吟味する

それが親と子供が一緒になって
成長していく考え方さ

お子さんばかりに求めたら
可愛そうなんだ

親だから偉いというのは幻想で
経験値も子供の年齢分しかないのだから
親というものは子供さんと同期みたいなもの

上下関係なんてないんだ
上からの物言いでいうことを聞いていても
反抗期にまとめて爆発したり
その鬱憤を他の子にしたりする

楽に考えたらいい
手に手を取っていい方向に歩もうよ
それでいいんさ


みるくこーひー

この話をキャストでしたら本を
拝見したいというので僕も全ては読んでいないんだが
貸すことにしたのそれでさ( ˇ-ˇ )救われるなら
僕が読むよりもいいと思う

もしあまり参考にはならないと
感じられたとしてもそれはそれで仕方ないかな
ぼくはね きっと変化が起こると
そう思うのだけれどもね



その他ひじょうにわかりやすい表現で
様々なケースを説明されてるので
気になったら読んでみたらいい

きらめく明日が訪れるかも
しれないからさ
posted by みるくこーひー at 23:23| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。