2016年10月29日

twenty years 20年後の僕と君

僕の数少ない後輩だった。
背も高くスタイルも良く仕事も出来る
異性からの評判も多分すごくよかったと思う

優しいからなぁ本当に
その優しさは表面上ではなく
困っている人にそっと手を差し出して
何でもないさというような…

出会いはアルバイトだった
僕より二つ下 僕の弟と同じ年齢で
隣町に住む彼はいつも仲間とともにいた
トリオだね二人の幼馴染と行動してた

彼等は高校卒業の年僕はまだ大学在学中
冬の駐車場アルバイトでまとまったお金を貰う為に
その場に集ったんだ

僕が車を出しよく遊びに行ったなぁ
部活に興味がなかった僕にとって
後輩が出来たってことは嬉しい誤算だった

時は流れ僕は就職したが体を壊し
辞めて家にいた…これからどうすれば
途方に暮れる僕に自分の会社にこないかと
彼は誘いをくれた

僕は救われた。暗闇から抜け出せた
本当に有難かったんだ

その会社はステンドグラスの輸入会社で
数多くのガラス板を輸入しカルチャー教室の先生
美術系の大学などから受注をし送付するという
卸会社であり初めて経験することばかりだった

入社してだいぶ経った秋の日
彼が亡くなったと連絡が来た車で電柱にぶつかり
車は大破 彼と友人の二人共この世を去った

信じられるわけがない信じたくはない
だが現実は残酷でその日のうちに彼の自宅に
向かった。彼の母親に顔は見ないでね
綺麗な顔のこの子を想像してあげてねと言われ
白い布がかけられた横たわる彼を見ていた

僕は誘われていた飲みに行かないか?と
僕は当時身体の具合が万全ではなかった為に
また今度と………。

無理して僕が一緒に行けばもしかしたら
こんな事にはならなかったんじゃないだろうか?
そう何度も何度も考えた

夢ならいいとそう思って起きると迫り来る
受け入れがたい現実の日々を何日も過ごした

彼の分まで僕がと思い僕の持てる
100パーセント以上を仕事にぶつけた
無理というものは続かない許容量を越えたら
その反動が来るものだ

僕はその会社を退社し鬱々とした日々を送った
ある時海外に出てみようという気になった

ワーキングホリデービザを取得し
英語を使えるようになれば何かが変わる
そんな思いにかられNZに行った
漠然とした目的の僕はここでも目覚しい成果を
上げることなく帰国する

その後前の会社の社長さんに頼み込み
ガラスの技術を学ぶため兵庫県に行く
2年間ほどガラスについて見聞きし直に触る
時間を得てガラス制作にて生きていこうと決める

何度も挫折し色々な方々に助けられ
なんとか今もガラスに携わり生きている
彼がなくなってから今年で20年
あっという間であったような気がするよ

彼が見守ってくれているから僕はこうして
存在していると思っている
いつか見てろと思いながら月日は流れ
ある者は結婚し子宝に恵まれ家庭生活を
享受する中僕は一体なんなんなのだろう?

他人と比較し傷ついて遠回りをしてきた
世間体という亡霊のようなものや
常識というどうとでもとれる曖昧なもの
そんな者共に悩まされる長い日々だったように思う

ミルクさん大丈夫だよ

そういう彼を何度も思い起こし
それでも頑張ることの出来ぬ自分に辟易した

20年という節目の年
ようやく僕はくっだらない世間体や常識にとらわれない
強い心を手に入れた 弱い自分を受け入れて
それも自分だそれでいいと思うことが叶った

当日はご家族の方が来られるだろうから
僕はお邪魔にならぬよう二日前に彼に会いに行った

IMG_1368.JPG

少しばかりの手土産と共に

IMG_1367.JPG

彼の眠る場所はとても静かな高台にある

IMG_1372.JPG

毎月この場所に来ることが出来たなら
僕は大丈夫という証そう考えて会いに来てる

IMG_1373.JPG

午前中に行かねばならぬ場所がある
日にちは少し早いが決めたから行ってくる。
長い年月が過ぎ去ったのだなと実感する
僕は20も年を取り君は変わらない
( ˘• ₃ • )ズルイと思わなくもないがね
こうツイートしてる

有言実行 即断即決 僕はそういうことが
できるようになっていた

まだ彼と僕の物語は続いていく
僕はまだ終わったとは思っていない


みるくこーひー

自分で制作した小物を置いてきたよ
僕と彼を繋ぐガラスで作ったものだ

IMG_1365.JPG

出来がイイとは言わないが
気持ちは伝わるのではないかと
そう思う

まだまだやり残した事があるスマンが
もう少し僕を見守っていて欲しい


運はあるようだからさ
IMG_1369.JPG
posted by みるくこーひー at 02:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。