2016年11月05日

悩める人への提言


僕は悩んだ時期がとっても長いから
どうすればいいか
どう生きればいいのかよく考えた。

結局たどり着いた答えは
世間体や常識と言われていることに
こだわらず

自分自身を信じる事だと言うことに
ようやく気づいた。

信じる事 信じ抜くためには力が必要で
それは僕は日々の努力だと思ってる

自分を形作るものとは 思考であり経験であり
それから導き出される行動である
行動は習慣となり
自分を守る剣にもなり鎧にもなる
それが貧弱な場合 病むことになるのだ

自分を信じられないからこそ
他人の嘲笑や言質に惑い苦しむ

病めることは間違いではない
何故ならば人の痛みを

IMG_1910.PNG

本当の意味で知る人に なれるからさ

すべて恵まれた人間
容姿 収入 家柄 性格 皆持ちえたとしても
実は苦しんだ人の優しさと
その恵まれた人の優しさとは根本的に違うのさ

それは本物の優しさではない

つまりは人というものは
自分で経験した苦しみの分しか
他人に優しさを与えることは
出来ないのさ

IMG_1909.JPG

では好んで悩めということか?
いやそうではない
補完するために本や映画などが存在する
主人公に成り代わり我がことに起こった事柄のように
感じる心を育てればいい

それはそう易易とできるものでは
ないかもしれないが 感性を磨くためには必要だ

もし悩める方がいるのなら
世間体や常識にとらわれる何者かの攻撃に
晒されて苦しんでいるのなら

IMG_1913.GIF

どうか自分を卑下しないでほしい

君は一人では決してないし
その道を歩いた人がいるんだ もう既に

その方々はおそらく人を助けようと思うだろう
自分が経験した苦しみを味合わせたくないと
そう思うはずだ

この世はとても生きずらいかもしれない
誰も自分のことを理解してくれないと
そう思うかもしれない

そんな時はふと立ち止まり本を映画を
観てみるといい

見るのではなく観るんだ

そこには悩みに惑い苦しむ人がいるだろう
1人ではない そう考えてほしいのさ

みるくこーひー

長い時間に感じられるだろう
悩みが尽きない日々は だが通り越してみれば
ほんの一瞬のように思うことすら
出来るようになる

受け入れること自分を認めてあげること
ヨシヨシ(。・ω・)ノ(´-ω-)してあげる事
人は叱咤激励だけでは
生きてはいけないものだ

IMG_1912.JPG

そして自分という存在はこの世に
一人しかいないのだという事を
忘れないでほしい

IMG_1911.JPG
posted by みるくこーひー at 03:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。