2017年04月16日

読書


ふと気付くなかなかこの世に人を導こうとする人が
身近には存在しない事に…

そしてそう言う方が仮にいたとしても
自分がその領域に近くなければ
見つけてもらえない

そういう素晴らしい方々には映らない
昆虫とかwゴミとしか映らないんだと

個人的には感じる思う何だか哀しいことだけどね

その代わりと言ってはなんだが本がある📚📙📘📗📕
歴史上の有名な方についての本や生き方についての本

IMG_7843.JPG

どのように物事を捉えいかに生きるべきか
そういうもので自身を見つめ直す必要性があり
師匠とするべきなんだ

本は自分が理解できることしかそこから学べないし
共感することができない
時間が経過し同じ本を再び読み直した際に気づきがあれば
それはつまり自分の視野が広がった
ということであり成長したということだ

自分の体験したものが最上であるけれど
それは人間が生きている時間において
全てを経験できる余裕はないんだ

時間はこの世において全てのものに等しく与えられた
唯一つのものなんだ

その時間を用いてどうするかによって
未来は決まって行く

先人たちの知恵をお借りし
自分の経験則と照らし合わせ本から学ぶのさ

IMG_7844.JPG

学ばなければ人間はただの動物でしかない

若いとねそういう真面目な話を避けたり
かっこ悪いと思ったりする傾向があるのだけれど
そういう自分の方がカッコ悪い事には気付けない

サッカー選手は⚽️上手くなりたいから毎日練習をする
そういう選手に憧れる子供さんや
身体を動かすのが好きな方は同様に
上手くなりたいと考え練習しますよね

IMG_7841.JPG

では人生をうまく生きようより良いものにしようと思うなら
毎日練習をしなくちゃいけないよね
練習しないでうまく生きられる道理はないって事

避けて通れないんだいい人生を切り開くにはね

常に考えていることが自分自身であり
それを変革しない限り代わり映えのない毎日が一生続く
未来なんてわからないというが
ほぼそう言うことさ

IMG_7842.JPG

より良い未来なんて座して来るわけがない

まぁ読めってことだ


みるくこーひー

よく居るんだよ 自分は様々な経験をもっている
だから本などに頼らず生きてきた

僕から言わせたらだからそこまでの人生なんだと
そう思うんだ

人の話を聞いてもそこから吸収できない
視野が狭く新しいものにも取り組めない


変わりたいと思いなよ満足したら
そこで終わりなんだからさ




全ての人の言う事に耳をかたむけろとは言わないが
そう言うものは持ってしかるべきだと思う


向上するとはそう言うことでもあるさ
普遍なものなどないんだからね


さぁ本が家に一つは転がってるだろう
読んでみたら


IMG_7845.JPG

強制ではなくアドバイスさ無論僕の家にもあるんだからさw
僕に向けての忠告でもある


posted by みるくこーひー at 01:31| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。