2017年10月30日

ウワサの保護者会 子供のスポーツ 親はどう見守る |ω・*)


IMG_5853.JPG

親の方が指導者の方が必死に
=͟͟͞͞(ಠ益ಠ=͟͟͞͞(ಠ益ಠ=͟͟͞͞(ಠ益ಠ)なり
過剰な期待をするのってどうなんだろうね?

IMG_5843.JPG

もっと出来るはず
もっとああしろこうしろと
言われた子供はどう思うのか

ウワサの保護者会という番組の
子供のスポーツについて を拝見しました

親はどう見守るべきなのか?

IMG_5846.JPG

私のところではバレーに専念しないと
入らせないということはなく

IMG_5847.JPG

来れるときでいいから来なさいというスタンス
そうしたら子供は楽しいものに専念する

#子供のスポーツ #楽しみながら続けるには

試合にはメンバー全員が出る

IMG_5849.JPG

こんな事を考えられる指導者なんて
本当に少ないよ(´•ω•̥`)
何故だかわかりますか?

指導者はある程度の才能を持ちえた
人間がなり得るものだからだよ

弱者に焦点を合わせない
合わせようともしないんだよ

親にしてもそうだね
仮に自分がスポーツが得意であったなら

なぜ早く走れない
努力すればできる

若しくは自分がスポーツが苦手であったのに
走ることが嫌いであったのに
子供がそれを知らぬことをいい事に

何故早く走れない٩(๑`^´๑)۶

お笑いぐさなんだよ よく言うよ
都合のいいように記憶を変換するなって

十人十色だし人は違う
勝利至上主義におかされているのは
大人の方だよ

指導者の場合経験がないからそうなる
自身の成功体験しか当てはめない

親の場合過剰な期待をするって事だね
自分の息子娘が麒麟児だとは限らないだろう?

過去の子供であった頃の親を連れ出すこと
出来るなら勝負させてみたいものだ

スポーツだけでなく勉強の方もね
こんなものかと子供に笑われるがいいさ

IMG_5899.JPG

先ず楽しさを共有出来ずに
継続できるはずもない

IMG_5850.JPG

上手な子も下手な子もいる
その中で喜びを与えてあげる

それぞれの子を勝負の中に
入れ込んでやらなければ
楽しさは共有できない

IMG_5851.JPG

このような指導法で結果もきちんと出す
そしてこのクラブで育った子供たちが
大きくなり後輩の面倒を見る

IMG_5852.JPG

自分が他人に教えることで
自身の技術の確認と|・ω・`)フムフム
人に教えるにはどうしたらいいのかを学んでいく


みるくこーひー

こんな指導者さんだったら運動もいいなと
思えたかもしれない

基本僕はスポーツは観るもの
応援するものだと思ってるんだよね

そういう風になったのは
何故かって事だよ

無論スポーツを通して得られるものは
数多いがスポーツ以外で
得られるものもあるわけさね

IMG_5844.JPG

東京オリンピックを契機に子供たちが
スポーツをする機会が増えていった
スポーツ少年団の発足がそれに寄与している

基本的に自分は指導者を信用していない
押し付けるからさ

ニュースにもなるじゃない
先生として自身の母校に戻り
さぁ俺は指導者だ平伏せよといった
阿呆な指導者がさ

IMG_5900.JPG

何故横柄な態度をとるのかといえば
過去の経験に起因する
同じ経験を強いるわけだよ

勝利を望み強くなりたい
負けたくないと
思う子供ばかりではないと
知るべきなんだ

😊楽しむことが蔑ろではあかん

posted by みるくこーひー at 02:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。