2017年12月06日

初氷の候 パリンパリン

初氷の候(はつごおりのこう)

IMG_6697.JPG

初氷の張る12月頃を一般的に指すようです
その他には師走の候寒冷の候などが時候として
使われるようです(ΦωΦ)ホホォ…

朝のワンコとの散歩🐶で見かけました

IMG_6698.JPG

写真をパシャッ! Σp[【◎】]ω・´)とね

😰寒い朝だとは思っていましたが
もう氷が張るくらい気温が下がってるのだなぁと
氷を見てさらに寒く感じます

吐く息は白く 襟元を立てて
思いにふける

もぅ今年も残り1ヶ月もないのだなぁ

童心にかえり氷を(*σ・ω・。)σツンツン

IMG_6693.JPG

ホァタwwwwwww

IMG_6694.JPG

停滞気味の毎日を砕く気持ちを込めて
パリンパリンw


みるくこーひー

モチベーションの低下していたので
思い切ってお休みしてました
ブログも英語もね

続ける事は素晴らしい事ですけれど
そういう時があってもいいかなぁ
そういう風に思ってました

再始動するのには凄くパワーがいるのですが
ボチボチいこうかと思ってます

IMG_6699.JPG

今日も👊😆🎵がんばんべ
ってな感じでね


posted by みるくこーひー at 09:31| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。福井市在住の大嶋昌治(おおしままさはる)と言います。聖書預言を伝える活動をしています。

間もなく、エゼキエル書38章に書かれている通り、ロシア・トルコ・イラン・スーダン・リビアが、イスラエルを攻撃します。そして、マタイの福音書24章に書かれている通り、世界中からクリスチャンが消えます。その前に、キリストに悔い改めて下さい。2020年を悔い改めの年にしてください。携挙に取り残された後のセカンドチャンスは、黙示録14章に書かれています。

管理人様が悔い改めたら、NHKディレクターの坂川裕野さんに、キリストを伝えてください。坂川さんがイエス・キリストを主語とした番組制作をしてくださり、妹の亜由未さんをはじめとした家族の皆様に、福音を伝えてくれる事を期待しています。亜由未さんの障害の事は存じ上げていますが、彼女に福音を聞かせてあげる時、聖霊が働かれると確信しています。福音を伝えるのは人間の役割だとしたら、心に働きかけるのは聖霊の役割だと思いますので、坂川さんはシンプルに、亜由未さんに福音を聞かせてあげてほしいです。

それと、ハートネットTVを拝見する中で、お母さまが、亜由未さんの交流の場を作りたいと仰っていました。血の繋がらない家族を作りたいと。お母さんと亜由未さんが住んでいる地域の教会の牧師を、是非頼ってほしいです。私(大嶋)からも牧師に、出来る限りの事をしてほしいと、お願いしたいです。

亜由未さんと地域の信者達が、イエス様にあっての兄弟姉妹として繋がり、また、信者達からの経済的・財政的な支援を受け取ってほしいです。恐らく想像を超える繋がりと支援がもたされると思います。天のお父さんは、すでに、なおちゃんという比類なき介助者を亜由未さんのもとに遣わしていますが、さらに増し加えられますように。

最後に、亜由未さんのご家族が、神の善意を疑う事がありませんように。父・子・聖霊の三位一体の神が、天地創造の共同創造主であり、亜由未さんの共同創造主でもあります。天のお父さんや、イエス様や、聖霊が、悪意を持って被造物を創ったり、設計ミスを犯すなどという事があろうはずもありません。いつかその事を知る日が来ますので、期待して待っていてほしいです。

亜由未さんが地上の人生を終えて、イエス様から復活の身体を与えられた後、亜由未さんは王として、また祭司として、千年王国で仕える事になります。これは私の想像ですが、亜由未さんは千年王国で、心が休まる日が来ないのではないかと心配しております。というのも、今日の昼頃に放送されたハートネットTVの番組を見る限り、亜由未さんの笑顔には、ある種のカリスマのようなものを感じました。ちなみに、私が今日の昼に、ハートネットTVを見ようと思ったのは、派遣先が生産調整休業で休みになって、両親と一緒に枚方の実家に行くのを断ったという巡り合わせからです。本当は枚方の実家に行くべきだったと心の痛みを感じましたし、間もなく訪れる携挙までに、あと一回は行きたいと思っていますが、とにもかくにも、亜由未さんの番組を見れて良かったです。

カリスマの話に戻します。お母さまが、となりのトトロを歌ったり、上を向いて歩こうを歌ったりすると、亜由未さんはニコッと笑いました。この言葉が適切かどうか分かりませんが、この笑顔を見るためなら、なんだってしたいと思えるような笑顔をしていました。話が聖書預言に脱線しますが、携挙の後、世界統一政府の指導者・反キリストが現れて、7年間の患難時代に突入した地上を支配します。この反キリストにも、人々を惹きつけるカリスマがあるのですが、そのカリスマは言うなれば「邪(よこしま)なるカリスマ」です。対するに、亜由未さんのカリスマは「聖なるカリスマ」だと言えると思います。そして彼女の聖なるカリスマは、黙示録20章に書かれている第一の復活によって、その純度と聖度は高められると思います。その状態で、千年王国に行ってしまえば、亜由未さんのもとに人々が集まってしまい、心が休まる暇がなくなってしまうのではないかと心配しております。ちなみに、正確には亜由未さんではなく、かつて亜由未という名前があったが、キリストから新しい名前を与えられた新しい存在、という表現が正しいです。

血の繋がらない家族を作る、というレベルでは済まないほど、数えきれない人数の千年王国の住民達と、繋がる事になると確信しています。これはかなりしんどいと思います。亜由未さんのご家族に申し上げますが、千年王国の千年間において、イエス様に仕えるという役職を免除してもらって、彼女のマネージャーとしてフルタイムで頑張った方が良いかもしれません。

聖なるカリスマを、共同創造主たちは亜由未さんに与えてしまいました。これは永遠に取り除く事は出来ないと思います。取り返しのつかない事をしてしまった天の父と、イエス様と、聖霊を、許してあげてくださいませ。
Posted by 大嶋昌治 at 2020年06月12日 13:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。