2017年08月06日

君の膵臓をたべたい TOHOシネマズ富士見


君の膵臓をたべたい タイトルを聞けばもしかしたら
聞き間違いかともう一度(;°ロ°)エッなんて言ったの?
聞き返したくなるやもしれませんね

君の膵臓をたべたい
IMG_2826.JPG

君の膵臓をたべたいオフィシャルサイトさん
http://kimisui.jp/#/boards/kimisui

小説は読んだが(๑•́ ₃ •̀๑)モゥ随分と前の話
出版されてすぐだからなんとなくは覚えてる

IMG_2698.JPG

映画で新鮮な感動を味わえたらいいなってそう思う
小説のいいとこともあるだろうが映画の方が
伝わりやすいんだよね期待せずにはいられない

#君の膵臓をたべたい

住野よるさんの名前が知れ渡った小説を映画化だもの
観にいきたいって思ってた
舞台挨拶がTOHOシネマズ富士見さんにてあると聞き及び
応募させて頂きましたところ運良く当選

IMG_2758.JPG

感謝しかないですね心から嬉しく思います
主演の御二方 浜辺美波さん 北村匠海さんが
お越しになるようで

IMG_2829.JPG


僕自身演じられている方々を
映画を見る前に見ることが出来るという機会は

IMG_2830.JPG

TOHOシネマズ富士見さん
https://www.tohotheater.jp/

初めてですから年甲斐もなくドキ(*´ェ`*)ドキ
しています 本日ですからね
日付が変わりましたので


話題の小説であったから義理の弟が読みたいなって
言ってたので小説をプレゼントしたんだよね🎁

IMG_2783.JPG

なんか返さなきゃって急かされながら
読むのって嫌でしょ?

#君の膵臓をたべたい #住野よる

TOHOシネマズ富士見さんには何度か
行ったことあるんだけど

IMG_2828.JPG

方向音痴なので調べとかないと
(;・∀・)今日だからね舞台挨拶

みるくこーひー

毎日をどうしたら新鮮で楽しく生きられるか?
そんな事をよく考えています

舞台挨拶があると聞き応募させて頂いたのも
その一環です いつもとは違うことを経験したい

IMG_2825.JPG

そうすれば多分(๑>؂•̀๑)楽しい一日として
僕の心の中に刻まれると思うんです

一日を無駄にしたくない惰性で過ごしたくはない
何故なら長い長い人生のほんの一日であるかもしれないけれど

IMG_2820.JPG

二度と戻らない貴重な時間であるとそう思うからです
君の膵臓をたべたい鑑賞後にブログにて感想を
書かせていただきたいと思います

もしお時間がございましたらこのブログを
チェックして頂けたら幸いに思います

そしてあなたの毎日が新鮮で楽しくありますよう
願っております(o˘◡˘o)
posted by みるくこーひー at 02:06| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

ミスペレグリンと奇妙なこどもたち ティム・バートン史上最も奇妙


今年は映画館によく通う 僕にとっては初めてだね
こんなにもハイペースで映画を見るのはさ
通わせる何かが
今上映されている 上映されていた
作品にあるって事だろうね

ミスペレグリンと奇妙なこどもたち
http://www.foxmovies-jp.com/staypeculiar/


IMG_6441.JPG

観たい作品を大きなスクリーンで観るのはとても楽しい
DVDで小さな画面で観ることよりも

IMG_6443.JPG

ティム・バートン史上最も奇妙

IMG_6450.JPG

奇妙とはなんだ? peculiar

IMG_6446.JPG

人と比べ違う difference

IMG_6448.JPG

違うことはいけないことなのか? bad thing

IMG_6447.JPG

違うとは特別 special✨✨✨✨✨✨✨

IMG_6449.JPG

良い事さ

IMG_6444.JPG

#ミスペレグリンと奇妙なこどもたち
#Missperegrin #peculiarchildren

ティム・バートン監督(Tim Burton)は
こどもの頃にこういう物語に出会うことには
意味があるんだよ

IMG_6439.JPG

そういう言い方をなさっている

Eva Greenさんは
気負いのないこどもたちとの共演から

IMG_6440.JPG

学ぶことも多かったわ
そう語っている

パンフレットの情報から原作本の存在を知る
ハヤブサが守る家 2011年に刊行され世界35カ国で
翻訳されている ベストセラーだ

作者ランサム・リグズ(Ransom Riggs)さんは
子供たちに力がある故に社会から受け入れ難い
スーパーヒーローの力とは違い皆が賞賛するわけではない

力ある故に孤独

力がハンデを背負う要因になっていると

ハヤブサが守る家

IMG_6452.PNG

先程注文した
次の商品を購入しました
ランサム・リグズ 『ハヤブサが守る家 (海外文学セレクション)』 via @amazonJP
興味があるんです映画の世界をもう一度体感したい
ミスペレグリンと奇妙なこどもたちの原作本だからね

https://www.amazon.co.jp/dp/4488016561/ref=cm_sw_r_tw_asp_BT9ZM.PXBD99Q


映画を見るだけで満足したんだ
けれどもそれだからこそ もっと知りたい知りたくて

僕はこの物語の結末がすごく好きなんだ
20170203_221338.jpg

すごく素敵だとそう思った

IMG_6453.JPG

僕の予想をはるかに超える

IMG_6454.JPG

そういう終わり方

IMG_6456.JPG



みるくこーひー

是非この映画を見てほしいな
人は皆違う 違うが故に人であり
その事を忘れないようにして欲しいんさ

人と変わっていてもいい
それが完璧な才能でなくてもいい
その方が人間らしいとも言える そう思ってほしい

20170203_221417.jpg

自分を信じ続ければいつか
才能に気付き大きな成長を呼び込むだろう
そう信じてほしいんだ
posted by みるくこーひー at 03:06| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

恋妻家宮本 その夫婦は離婚届から始まった。


予告を観て決めるのが僕の映画の選び方
皆さんもそんな感じじゃないでしょうかね?

映画「恋妻家宮本」公式サイト
http://www.koisaika.jp/
IMG_6306.JPG

昨日のうちから見に行こうと決めていた
だからかな PHPに出会うんだ

IMG_6319.JPG

コンビニエンスストアで
販売されていたPHPどうしようかな…

IMG_6318.JPG

阿部寛さんのお名前を見つけた
なんだか不思議だご縁があるのでしょう
購入し読んでみますと
これがまた映画を観ずにはいられなくなる事を
再認識させそれが僕の喜びにかわります

IMG_6317.JPG

朝一番の映画館に足を運び早速鑑賞します
パンフレットは必ず購入する人なのでね
ホホイホイ

その夫婦は離婚届から始まった

IMG_6325.JPG

家政婦のミタ 女王の教室等を手掛けられた
遊川和彦さんが監督なされたのですが

IMG_6320.JPG

今回の恋妻家宮本が
初監督作品なのだそうです

IMG_6322.JPG

恋妻家宮本を拝見させて頂き
僕の中では最重要チェックの監督さんとなりました
パンフレットにも遊川監督の人柄が滲み出てて
あったかな気持ちにね

メインのキャラクターを演じられた役者さんだけでなく
一人一人の役者さんに

messageが書かれてあるんです

パンフレットは買いですよ!!!
そういう部分も映画の一部なんですから

僕この作品の好きなところをひとつ教えるね。
それはエンドロールを楽しませてくれるところ
どんな素敵な映画でもエンドロールが寂しくては物足りない
あぁこんなところにも配慮されてる
そう思うのです
#恋妻家宮本 #遊川和彦

僕は映画の内容について事細かく書くのは
あんまり好きじゃない
僕の私見が多分に入ってしまうからね

みるくこーひー

いい映画だった
見なければならないのはいつもいつも忙しいと
お互いに言い合う夫婦かなぁ

見て欲しいのは落ち着いてきたカップル

観た方がよいのは...
😩つまらない面白くないと日々いう人ヾ(・ω・`)だね


正しいことと言うのが
この映画の中で重要になります
それはPHPにおいて阿部寛さんも仰られてた事です

正しいことは本当に正しきことなのか?
つまりは正しければそれだけで良いのかって事

相手を思う気持ちを持たなければ人間は
上手くいかないんだなって
そう思わせてくれます

正しきこと以上のものがこの世にはあるんですよ

それを映画館で見て頂けたらいいかなと
そう思います

IMG_6316.JPG

感想ではなく推薦文として読んでいただけたら幸いです

僕は大好きですよなんせオリジナルサウンドトラックまで
購入しちゃいましたからw

IMG_6321.JPG


そういう事です

いい評価をいただけるものと確信してる

IMG_6323.JPG



浦上晟周さん いい役者さんですね 好きですハイ
真田丸にも出ていらっしゃいましたね

IMG_6324.JPG


監督さんも仰られてましたが色っぽい艶っぽかったです
菅野美穂さん僕大好きなんですよね菅野美穂さん
それでも今回は違う部分出てたなーと

IMG_6326.JPG

若い役者さんにもそしてお好きな役者さんにも
注目しながら見ていただけると
より楽しいかもです

今日までそして明日から
吉田拓郎

#今日までそして明日から #恋妻家宮本
#吉田拓郎

IMG_6330.JPG

私は今日まで生きてみました
時には誰かの力を借りて 時には誰かにしがみついて
私は今日まで生きてみました
そして今 わたしは思っています
明日からもこうして生きていくだろうと

IMG_6331.JPG

https://youtu.be/wXkpmQMiSwo
posted by みるくこーひー at 15:45| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。