2017年09月07日

"生きる"ってなんだ元SEALDs 奥田愛基いじめを語る


ハートネットTV ブレイクスルー file.63
"生きる"ってなんだ元SEALDs 奥田愛基いじめを語る
#奥田愛基 #ハートネット

IMG_3891.JPG

ようやくブログ記事にすることが出来る
放送されてからだいぶ経過してしまったけれど
興味深い内容だった

イメージで人を捉えてはいけないなと
猛省する(´•ω•̥`)申し訳ない見る目がなくて...

SEALDsのイメージが僕の中では
ラップしかなく故意に切り取った一面だけを
見ていたのかもしれないなと

IMG_4021.JPG

政治ではなくいじめについて語る
奥田愛基さんは個人的には
好感の持てる好青年だ

IMG_3904.JPG

僕は基本的に順風満帆で
生きてきた人間には
あまり興味はなく

苦しみを知る人間の方に
好感を持つんだ

苦しくて苦しくて仕方ない
ソコから立ち上がってくるには
相当な力がいるからだ

尚且つ苦しみを知らない人間には
本物の優しさなんて
存在しえないと
思っている

王侯貴族や裕福な家柄に育ち
本人が望んだわけではないが恵まれすぎる環境は
人の痛みを知りにくい

ボランティアに参加しお金を提供し
傍から見たら素晴らしい人間であり人物
然しながらその気持ちは尊く純粋ではあるが

本物ではない

それは仕方ない熱湯に手を入れなければ
本当の痛みなど知ろうはずもないのだから
優しさではあるが本物ではない

奥田愛基さんは中学時代にいじめを経験され
酷く傷ついたという気がついた時には
自分が自分である事が学校では許されない

どういうふうにわらうんだっけ?
どういうふうにしゃべるんだっけ?

IMG_4022.JPG

集団で無視されると
自分の存在が認識出来ない
人を通して自分が今どういう状況で
あるのか理解できる

自分が楽しいというのは
みんなといてわかる

IMG_4023.JPG

そのコミュニケーションを
お前とはm9(・∀・)取らないとやられると
自分はここにいていいんだろうか...

IMG_4024.JPG

透明になっていく

行ったら何とかなるからと
玄関先で嫌がる😖愛基を引っ張って

IMG_3894.JPG

力づくで...

私達の思う通りにしようとしたと
奥田愛基さんのお母さんはカメラの前で
振り返り涙ぐんだ

お母さんなんか何もわかってないんだ
もう全部ぶっ殺して自分も死にたい


当時を振り返り奥田さんは説明する
自分がいじめられているという事を
近しい人間家族にはどうしても言えなかったと

お父さんは牧師さんであり
二十年住まうところなき人の力に
なろうとなさっている

IMG_3892.JPG

然し親子となると駄目でしたと
告白された

親子だから許せない
どうしても許せないから
ドンドン当時は息子を追い詰めてしまった

転機が訪れたのは偶然目にした新聞記事📰

IMG_3895.JPG

鴻地尚史さんが書かれた記事だそうです

IMG_3897.JPG

とにかく逃げろ

いじめられていくとドンドン周りが
見えなくなるので
もう何も出来ないと言うふうに
思いがちなんだけれども

その場所にいてうずくまっていると
見えなくなってしまうけれど

IMG_4025.JPG

逃げると世界の広さに出会えるので...

その記事を読んでどう思いましたか?と
番組の中で聞かれ奥田さんは

逃げるって言うとネガティブなイメージが
ありますが脱出というか

IMG_4026.JPG

その場から一旦離れ考えるというか...
その時に南の島不登校というのを
googleで検索してみたんです

予測変換で鳩間島を見つけた
生きるために島へ

IMG_3899.JPG

その島で重要な人物に出会うことになる
運命というのはその場にいたなら起こりえない
棚からぼたもちは落ちてこようはずもない

IMG_3901.JPG

仲宗根豊さんとの出会いが待っていたのだ

島での生活は自然に近く圧倒的な素晴らしさを
見させてくれた人知を超えているような...
その光景を見ていると

世界は広いのだなと

仲宗根さんは一つのことだけ求めた

なんでも自分で積極的にやりなさい

個人的には此処が奥田愛基さんの原点かなと思う

たまたま政治であった注目されたのがね
積極的に自分が思う所を表明したにすぎない

これは出来ないという気持ちを持つことは
仲宗根さんに教えて貰ったことに反する

人は人だし自分は自分

自分が本当はどうしたいのか?
一人ひとりが問われている

SEALDsを立ち上げ自分の思うところを
表明したのはひとえに自分が
どうしたいのかの答え

IMG_3907.JPG

政治家である前に派閥に属する前に
グループに属する前に

IMG_3908.JPG

たった一人の個であって下さいという
言葉に繋がったんじゃないかなと思う

みるくこーひー

今は自分がいじめを受けた経験を通して
死なないで欲しいという事を伝えているそうです

あなたが死にたいって思っているように
俺は俺として生きていって欲しいと

いじめというのはなくならないかもしれないけど
違うやり方もあるんだよと伝えて
声をあげていかなければいけない

偉そうにm9(・∀・)お前誰やねんって
思うかもしれないけど
生きていて欲しい


自分の中で生きる意味なんてないと
思っていた自分がいろんな人との出会いで
変わってくる

だけど自分は自分として
生きていかねばならない

人は一人では生きていけないけれど
誰かの助けも借りるんだけど
でもその中でひとりとして生きていく

それが奥田愛基にとっての
" 生きる " という事だそうです

感想
記事の前半にも書きましたが
奥田愛基さんに対する見方が変わりました
僕も相当頭が固くなっているようだなと

生きるという意味をきちっと考えて
行動を起こしたんだなと

多分それが今取り組んでいる
命を救う自らの体験を話す事も
政治について意見を言うことも

奥田愛基さんにとっては変わらない

そんな気がしました

最後に奥田愛基さんの同級生の言葉で
彼は復活した転校して新しい学校に行けて良かったね

いじめがあったから今がある
という結論に持っていきがちなのが
納得出来ていない

自分が今でもしんどくなる時がある

という言葉が心に響きましたね
そういう友人を持つ奥田愛基さんを
羨ましくも思います

普通はそこまで考えない
過去の事だし今さえよければいいという
考えになりがちですからね

そう友人に思わせずにはいられない
奥田愛基さんの魅力があるのだと
人を惹きつけるものがあるのではないかと思いました



長文になり申し訳ありません
少し僕の方で言葉を変えさせていただいたのですが
こうなんじゃないかなと

あなたが死にたいと思う気持ちと
同じくらいあなたに生きてほしい


あなたを大切に思う人々が思っているのだと
今もし苦しんでいる人がいるのなら

生きて欲しいと僕もそう伝えたいですね

IMG_4029.JPG

今いる小さな世界が全てだとは思わないで欲しい
posted by みるくこーひー at 13:17| Comment(0) | ハートネットTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

目から眼球が落ちたからね 何処に焦点をあてるのかで違う


農福連携って初めて聞いた👀💕見た(今観ている)
凄い取り組みなんじゃないかと思う

IMG_2088.JPG

ハートネットTVにて広がる農福連携
新しい地域のカタチという番組を
拝見させて頂いたのですが

IMG_2095.JPG

タイトルにあります様に
僕自身も目からウロコではなく
眼球が落ちるような感覚になりましたね

働く場を探し続けて来た福祉と
慢性的な人手不足に陥っていた農業

IMG_2103.JPG

両者が手を結ぶ農福連携現場では
様々な化学変化が起きています ヽ(*´∀`)人(´∀`*)ノ
#農福連携 #ハートネットTV

障害者さんと聞いていたから
全然動けない人ばかりと思っていたけど

IMG_2085.JPG

実際は違いました 綺麗な仕事を👵してくれます😍💕💕

IMG_2087.JPG
(障害者さん達に)本当に作業ができるんだろうか
というスタートでしたがもう
今ではいてもらわないと困る存在になりました

家にいるよりも私としては外に出て働いた方が
達成感があるんです

IMG_2094.JPG

みんなとワイワイ作業ができることが
楽しいんです

IMG_2097.JPG

笑顔を見れば(*˘︶˘*).。.:*♡わかるよね
社会に必要とされたいと思う気持ちは健常者より強いと思う

IMG_2099.JPG

関わりたいと強く願うしその達成感も違うと思う

土に触れるようになってから薬の量も減り
多くの方が眠れるようになったとも言う

掘れば掘るほど土のいい匂いがする

IMG_2105.JPG

収穫した野菜は直売所やレストランに出荷しており
IMG_2100.JPG

加工品も開発売上を伸ばしています

IMG_2101.JPG

この5年で1人あたりの報酬は1.5倍になり
働く意欲が高まり就職に踏み出そうと人々もいる

農福連携の最先端である静岡の鈴木さんの農園では

IMG_2109.JPG

かつては家族経営であり障害者さん達との
接点はなかったが
特別支援学校の先生が訪ねてこられてから
全ては始まった

僕や熟練者だからこそ出来る仕事を
生徒さん達にやらせたいという

IMG_2113.JPG

農業なめてんのか?

先生自ら挑戦するも上手くできない
しかし夏の暑いある日下敷きを持ってこられて

IMG_2115.JPG

こうやったら上手く行きませんか?

IMG_2116.JPG

そう提案し実際に早くキレイに仕上げてみせた
よく目から鱗が落ちると言われますが
これを見た時目から眼球が落ちたからね

同じ仕事だとしても できる人にやってもらうのと
できない人ができるように考えるのとでは
IMG_2120.JPG

まるっきり違う作業になることを学んだそうです


みるくこーひー

障害を持った子達と出会うことにより
鈴木さんの農業は変わった

IMG_2123.JPG

当たり前であるという物事の捉え方を変え
新しく障害者さんを雇うたびに

作業の方法そのものを変えたのだ

IMG_2129.JPG

僕らもなにか気付けたらいいなと思う
どこに焦点を当てるかで物事は
違ってくると そう思うから

IMG_2132.JPG

農福連携にも課題はある福祉施設と
農家の間を取り持つ存在が必要で
コーディネートする方が
必要なんです

価格交渉等は双方で意見が食い違う
もとになりうるし無用なトラブルを
防止するからです

IMG_2131.JPG

農家と福祉のマッチング
農作業は究極の物造り

まだまだ始まったばかりの取り組みで
改善の余地があるように思いますが
今後益々双方の発展が期待できるような気がします

IMG_2127.JPG

鈴木さんのこの笑顔を見ればそう感じずにはいられない

posted by みるくこーひー at 06:22| Comment(0) | ハートネットTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。